東北な温泉
駒草荘、突進レポ

駒草荘

(田沢湖高原温泉)
駒草荘 - 施設の外観・玄関駒草荘 - 施設の外観 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1 TEL.0187-46-2102

入浴、休憩、宿泊
男女別(内湯1、露天風呂1)
シャンプー・セッケンあり
標高 約700m

※2004年、閉館し新施設へ。追記も参照

 4月、田沢湖高原温泉郷の高台に建ち、遠くに田沢湖を眺望する宿、「国民宿舎・駒草荘」にやって来ました。ここは古い国民宿舎なので結構年季が入っており、また国民宿舎お決まりの(セルフの)布団上げおろしも漏れなく付いてきます。‥お風呂に向う長~い廊下を歩いて行くと、田沢湖町民専用広間なんていうのもありましたんですのよ。
(宿泊)
 受付を済ませ部屋で荷をほどき、浴場へ。おや~、なんだか内湯には結構なお客さんの数。そんならと、ちょっと肌寒い外の露天風呂へGO。

 露天風呂に出てみると、そこから見える景色がなんともいえない絶景で、遠くの田沢湖を囲む山々がとってもすがすがしい景色なのです。うぉー、と少しハイテンションになりながら、お風呂に飛び込んでみると、これがぬるくてローテンションへドボン。これが広い湯船の割に湯量が少なすぎ、すぐに冷めてしまっているようなのですね。時折勢いよくお湯が注がれはしますが、その時間があまりに短く、お風呂を温めるまでにはいかずに‥。

 お湯は少し白く濁った透き通るもので、白い(ちょっと黄色い)湯ノ花のおかげで白濁しているように見えるのです。‥後談で女性露天風呂では、赤いボウフラがピニョンピニョンと気持ちよく泳いでいた、とマネージャーが騒いでおり、あ然。露天風呂にお客さんがいなかったのは、このせいもありや。

 もとい、寒くなったので内湯へ。それは小さめの湯船ですが、ちょっと熱めの温度になっており、露天風呂から来ると、大変気持ちの良いお湯でご機嫌に。ただ、お湯のオーバーフロー部分が、小さい穴に吸い込まれる仕組みで、そのためちょっと不潔な気配も。あとは(弱いですが)酸性のせいか、おしりがちょっぴり、ピリッと感じるような‥。あと湯上り後、肌が白くなった気も‥。

泉質:単純硫黄泉(硫化水素型) 低張性弱酸性高温泉 源泉:田沢湖高原温泉(1号、2号、4号 混合泉) 49.7℃ pH5.1(1,450L/M)

 翌朝、外を見ると、ガスって靄(モヤ)がかかった先に、いい風情の田沢湖の雲海が見えていました。

追記)
 2004年に閉鎖になりましたが、2006年に新しく建て直して日帰り温泉(アルパこまくさ・自然ふれあい温泉館)として営業開始。 ちなみに、新しい田沢湖高原温泉の源泉には「黒湯下」という源泉が追加されているようでした(2009年)。
駒草荘 - 露天風呂1駒草荘 - 露天風呂2
駒草荘 - 内湯駒草荘 - 田沢湖の雲海
上2つ露天風呂、あとは内湯、最後は田沢湖の雲海
宿泊は仙北市ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw