秋田の温泉、金浦温泉(このうらおんせん)

金浦温泉・学校の栖 (すみか) Home» 秋田の温泉»
〒018-0321 秋田県にかほ市前川字菱型1 TEL.0184-38-3883
入浴 400円 5:00~21:00
入浴、休憩(700円)、食事、宿泊
無休
男女別(内湯2)
シャンプー、セッケンあり

2006年 県共済生活協同組合→地元の「たつみ企画」に経営が変更。内容も変わっていると思います。

 遠くに鳥海山を望みながら、にかほ市金浦の海岸線から2Kmほど、小高い山中に入った所にある「金浦温泉」にやって来ました。元は小学校だったそうで、その面影が今でも残る、懐かしいような姿の宿なのです。
 (当時)日帰り時間終了後の夜9時~11時までは、お湯の入れ替えのため入浴できず、宿泊者にとってはちょっと不満の残る運用になっておりまして、プンプンでございました。
2002.04(宿泊)
 日帰り入浴のお客さんが多いなーと思いながら、夕方の浴場に突進致しますと、浴室には、硫黄泉とラジウム鉱泉の2つの内湯が設けられております。

 まずはお目当ての乳白色の硫黄泉の方に浸かってみますと、これが白い湯ノ花が舞う、本当の硫黄泉です。ですが、注ぎ口のお湯が浴槽よりぬるくて量もチョロチョロ、冷たい源泉を投入し循環加熱しているようなのです。いやそれでも貴重な硫黄泉は地元でも人気のようで、お客さんが沢山来ておりました。

 もう一つのラジウム鉱泉の内湯は、注ぎ口から熱いお湯が注がれていて、こちらは無色透明で匂いの無いお風呂になっております。んー、何だかよく分かりません。

 湯上り後、脱衣場に貼ってある分析表を見てビックリ。なぜか玉川温泉のものになっているではありませぬか。ラジウム鉱泉用に、玉川温泉の北投石を持って来たらしいですが、分析表まで同じにするのはどうかなーと‥。表の廊下に別の分析表が掲示されてあり、こちらが本当の分析表のようでした。

泉質:単純硫黄泉(硫化水素型) 低張性中性冷鉱泉 源泉:金浦温泉 13.3℃ pH6.5

 ‥夕食の料理は、安い料金なのに近海の新鮮な海の幸がいっぱいです。なんと、お膳が2つで一人前なんですよ。(頼んだプランがそうだったのか)1階の古い部屋で、少し暗い感じを受けましたが、まあまあ快適に過ごせました。



宿泊は、にかほ市ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14