東北な温泉

豆坂温泉2002


豆坂温泉三峰荘2002

Home > 過去レポート >
施設の外観フロントと売店
通路に設けた休憩所
〒989-6315 宮城県大崎市三本木新沼字中谷地屋敷4 TEL.0229-52-3146

入浴、休憩、食事
男女別(内湯1、露天1、樽2、サウナ)
シャンプー・セッケンあり

2002年場所を移してオープン

※最新レポート:豆坂温泉・三峰荘

 国道4号線、三本木町の大規模ショッピングセンター街の裏にある民営の日帰り温泉「豆坂温泉・三峰荘」にやって参りました。前は温泉旅館だったようですが、リニューアルして場所も変え、日帰り温泉になったようですね。まだ知名度も低く穴場かなーと思ったのですが、そんなことはありません。沢山のお客さんで、満員でございました。
2002.10
 休憩所は少し小さめの広間が2箇所と、他に通路にテーブルとソファーなどがあり、食事などは頼めば持って来てくれるようになっています。

  奥の浴室に入ってみると、すぐ脇に源泉そのままの小さな水槽があり、白いアワアワのお湯が勢いよく溢れていて、うわ~。

  その浴室の奥半分には三角形の大きな湯船が設けられ、そこは豊富にお湯が注がれて湯煙でモウモウとし、室内全体がそんな空気に包まれておりました。浸かってみると、これが良いお湯なんです。透き通った淡い茶褐色のお湯は、少し鉄と温泉の匂いがあり(ちょっぴりアブラ臭も)、肌をこするとツルヌルと。こんな所に、こんな温泉が出るもんなんですね~。

 外に出ると、真ん中に四角い露天風呂があり、その周りに打たせ湯、樽風呂、枡風呂など、一人用の湯船も造られております。その中の樽風呂に入ってみると、これが鮮度も良くてちょっと熱めで、酸素を多く含むのか体中に泡がくっ付きます。このお風呂、気持ち良くて最高ですね。

 こちらの若旦那とおぼしき方の話では、源泉を一旦、圧力タンクに溜めて、炭酸を逃がさないようにしているのだとか(なんだかよく理解できず)。それと温度の管理が難しいのだと‥。

泉質:単純温泉 低張性中性高温泉 源泉:豆板温泉 四季彩の湯 47.3℃ pH6.5 540L/分 地下650m掘削
入口脇の源泉かけ湯内湯
露天風呂1露天風呂2
宿泊は大崎市ホテル一覧
©東北な温泉 2002-15