東北な温泉 東北な温泉、タイトル

松原荘

、突進レポ

松原荘

(長面浦)
松原荘 - 長面浦松原荘 - 施設の外観 〒986-0112 宮城県石巻市長面字須賀281-6 TEL.0225-64-2939

入浴、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり


※2011大震災で消失

 6月、南三陸の太平洋岸に流れ出る北上川の河口付近、その赤松林に建つ静かな宿、「松原荘」にやって来ました。して聞くところによると、ここにはなんでも緑のお湯が湧いているとな~。

 と、宿の脇の方には大きな湾にも見える汽水域の長面浦(ながつらうら)があり、また宿の正面にはすぐに海水浴場がありまして、なんだかとってもリゾート気分‥。(実は、その何年か後、砂浜が侵食され海水浴場が無くなりつつあるとニュースで聞きましてね~)。
0206
 さて、受付を済ませ、浴場へ。で、その長い廊下を進んだ奥の方に浴場があり、梅雨の晴れ間の暑いこの日、しかも午前中、誰もいないかと思えば、先客が一人いらっしゃり、ちょっぴり驚きまして‥。んー、やはり漁から帰ってきた漁師さんなんでしょうか。

 と、その湯船にはウワサ通りのエメラルドグリーンのお湯が揺らいでおり、またそれはなんと湯船の底から噴き出す仕組みに。しかもその勢いが凄く、水面にお湯が盛り上るようになっておりましてね~。

 して浸かってみると、お湯は無色透明で匂いはなく、さっぱりした感じの気持ちの良いもの。肌をこすってみるとツルツルしており、アルカリ性のお湯のように感じますね~(もしかして一浴目の気泡のせいか)。

 それと、んー、エメラルドグリーンのことですが、これは単に浴槽のタイルが緑になっているからのようで‥。残念ながら‥。

 まあそれでも三陸には数少ない日帰り浴場なので、大事にしたいです。泊まると、どんな料理が出てくるのか、興味津々。

泉質:湧水他(残酷な2004年宮城県調査による)
松原荘 - 浴場へ続く廊下松原荘 - 内湯
宿泊は石巻ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw , Update:2019/10/08