鳴子温泉、鳴子ホテル


鳴子ホテル(鳴子温泉) Home» 鳴子温泉»


〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元36 TEL.0229-83-2001

入浴 11:00~14:00 1080円
(湯めぐりシール4枚800円分)
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯大1、露天1)
シャンプー、セッケン、何でもあり


※2009年 改装、浴場の趣が少し変わったようです

 鳴子温泉の中心部、温泉神社のすぐ下にある老舗旅館、「鳴子ホテル」にやって参りました。と簡単に言いましたが、そこは分かりづらい小道を上った先にありましてね~。その温泉神社の脇からホテルの駐車場へ入りますと、玄関の脇に源泉が噴き出すディスプレイが設けられ、そこからモ~モ~と立ちのぼる湯煙が、訪れる人々の心を惹きつけるのです。と、わたくしは「ほーっ」の一声を放ち、浮き足立ちながら館内へと突撃致したんですのよ。
2003.01
 入館した玄関ロビーは”いきなり”5階になっており、そこのずーっと奥のエレベーターから、男湯は1階へ、女湯は2階へと下りて行く館内構造。その途中の宴会場や廊下の造りが”さりげない”豪華さで、「は~!」とため息をつきながらの爆進へ。そしてお客さんが昼間はそんなに居ないのが、また良いのですよね~。

 浴場の前に着きますと、「今日の湯の色は‥」という案内版があり、どうも日によってお湯の色が違うらしいのです。湯守りの番頭さんに聞いてみたところ「朝に行って見なけりゃ分からない」のだと。

 それから脱衣所でそそくさと服を脱ぎ、せかされる思いで浴室へ突入してみたら、そこには、しばし立ち止まってしまうほどの驚愕の光景が広がっていたのです。す、凄い、デ、デカイ、その広い浴場は湯煙で向こう端が見えないほど。どうもこのお風呂は沢山の浴槽が繋がった造りで、ブクブクの泡風呂から寝湯まで、各種の浴槽をお湯が順番に流れて行く仕組みに。最初に投入された熱い45℃のお湯は、各湯船を流れて、最後の寝湯にたどり着く頃に40℃ぐらいになるみたいですのよ。

 またお湯の色は場所によって違い、熱い方は緑色をしていますが、ぬるい寝湯の方に行くに従って白くなって行きます。浸かってみればヌルヌルする肌触りがあり、もちろん硫黄の匂いが強い源泉100%掛け流しの硫黄泉なのです。あっちに行ったりこっちに来たり、どこに落ち着いたらよいのか悩んでしまう程、豊富なバリエーションの大浴場にてウロウロ‥。

 それと、浴室は完全に密封した空間ではなく、窓の上部から外気を取り入れる仕組みになっていて、その真冬の浴場は湯煙が大量に沸き上がり、ジャバジャバと豪快に流れるお湯の水音と共に、物凄い様相になっているんですよね~。‥地獄のようでいて、実は極楽みたいな。

 外の露天風呂は、これがなんと透明のお湯なんですが、不思議なことに同じ源泉なのだそうで(番頭さんから聞きました)。まあ、透明な方が鮮度が良いということなんでしょうけど。真冬の今日は、外は雪が降っていて”とてつもなく”寒く、入れば熱いし上がれば凍りつく、そんな露天風呂なのでありました。

泉質:含硫黄・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:鳴子ホテル1号・2号・3号混合泉 85.0℃ pH8.0


宿泊は、鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-17rw