秋田の温泉、大釜温泉

大釜温泉 (乳頭温泉郷) Home» 秋田の温泉»
〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林内 TEL.0187-46-2438
入浴 9:00~16:30 500円
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯1、露天風呂2)
シャンプー、セッケンあり

 「えっ、何それ?」と惹かれてしまう、含ヒ素という珍しい泉質表示に誘われ、乳頭温泉のなかから早々と「大釜温泉」にやって来ました。その外観には’ひなび感’が十二分に漂い、厳しい冬の痕跡がありありと現れておりますが、館内はまだまだ結構きれいで、気持ち良く過ごせる施設なのです。春のGWの季節、宿の周辺にはまだ雪が残っておりまするな~。
2003.04
 なかなか出て来ないと思いきや、普通に出て来られた宿のオジサンにて受付を済ませて、浴場へ。奥の浴場は、駐車場から見えた湯小屋そのもの。そこには大きな内湯と、その外に大小2つの露天風呂が設けられてありました。

 浴室全体を占領するようにある大きな内湯(と小さな露天風呂)は、白色が混ざりつつ緑色に濁ったお湯で、おや、鉄の匂いもプンプンとしていますね。外に出るとすぐにある大きな露天風呂は、茶色に濁ったもので、肌触りがキシキシするところをみると、こちらは酸性のお湯なのだと思われます。どちらも新鮮で気持ちの良いお湯ですが、なんといっても湯量豊富で流れのある、大きな内湯が最高でございます。

 露天風呂では春の陽気で虫が多く、ブンブンと元気よく‥。んー、自慢にもならないですが(蚊を)一匹やっつけておきました。

 (マネージャー談によると)女湯の露天風呂に入っていたら、突然工事のオジサンが何気なく入ってきて「あっ、女湯だったね、ごめんね!」と言いながら平然と去って行ったり、熱いお湯にほんの少し浸かったオバサンが「ゆでダコ、一丁上がり~」と言い放ちながら出て行ったりで、落ち着いて入っていられなかったそうなのです。‥たまたま、なんでしょうがね。

泉質:酸性‐含鉄(Ⅱ)‐アルミニウム‐硫酸塩泉 低張性酸性高温泉 源泉:大釜温泉 94.7℃ pH2.5 90L/min アルミニウム 19, 鉄Ⅱ 21, 硫酸 332, メタケイ酸 520(分析:平成13年)3キロ上流から引湯


内湯、露天・大、露天・小の順
宿泊は、乳頭温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-14