東北な温泉 宮城の温泉

追分温泉

、突進レポ

追分温泉

(石巻市北上町)
追分温泉 - 施設の外観1追分温泉 - 施設の外観2
追分温泉 - 小さな休憩所1追分温泉 - 小さな休憩所2
〒986-0204 宮城県石巻市北上町女川字大峯1 TEL.0225-67-3209

入浴 300円
入浴、宿泊
男女別(内湯2)
シャンプーなし、セッケンあり

 6月、太平洋に注ぐ北上川河口付近から山中に入ることしばし、海鮮料理が評判だとも聞く宿、「追分温泉」にやって参りました。ここは幹線道路から細い道を森に分け入るように行くと、急に開ける山間の地。「にゃ~、こんな山中によくぞ造ったな~」と思ってしまう建物群が、急に現れるのです。雑誌等でよく紹介されているせいか、当日、沢山のお客さんで賑わっておりました。
0206
 受付を済ませ、浴場へ向かって長い長い木造りの廊下を歩いて行きますと、途中、所々に小さな休憩所が設けられてあり、湯上り後に休めるな~と‥。この木がふんだんに使われた建物は昔の学校のようであり、まだ新しく、また綺麗にしてありましてね~。

(蛇足ですが)
 浴室に入ってビックリ、tattooのお方の一団がおり、また、お風呂が満員状態なんです。その光景を見た瞬間、体が固まってしまい‥。更に、親分(と思しき方)と目が合ってしまい、引き返そうにも体がどうにもなりません。観念し(そしらぬ顔で)仲良く入浴させてもらいました。

 さて、お風呂にはカヤの木で造られた大きな湯船と小さな湯船が1つずつあり、小さい方はぬるめで、大きい方は丁度良い温度になっていました。お風呂は木の香りが漂い、お湯は無色透明のさっぱりしたもの。それから床や壁も木で造られた浴室は、とても良い雰囲気なんですが、なんだか妙に窓が多い浴室でありまするのよ。

 湯上り後、縁側のようなところで休んでいると、吹き抜けるそよ風がとても心地ようございました。

p.s.
 北側の国道45号線から来る道はとても狭いので、南側(北上川)から来る方が良いでしょう。

泉質:湧水他(2004年宮城県の調査による)
追分温泉 - 内湯1追分温泉 - 内湯2
宿泊は石巻ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw , Update:2019/10/08