宮城の温泉、神次郎温泉


神次郎温泉・大元荘 (角田市) Home» 閉鎖の温泉»
〒981-1526 宮城県角田市神次郎字上中田33 TEL.0224-68-2029
入浴 15:00~? 300円
入浴、宿泊
営業日:不明
男女別(内湯1)
片方のみ運用、順番で入浴

※2015年 現在は廃業してしまった模様

 船岡(船岡城址公園がある所)から南へ少し、陸上自衛隊・船岡駐屯地の東隣りぐらいの静かな場所にある鉱泉の宿、「神次郎温泉・大元荘」にやって来ました。見ると、とってもひなびた感じで、かなりの不安を覚えましたが、中に入ってみると小ざっぱりとキレイにしてあり、ほっと致しましてね~。
2003.12
 で、玄関から奥の様子をうかがえば、廊下の先にお爺ちゃんが歩いているのが見え、「こんにちは~」と声を掛けてみたら、何事も無いかのようにそのまた奥へと歩き去ってしまったのです。暗がりでまた遠くてよく見えませんが、その状況を察するに、どうも石油ストーブに灯油を入れている模様。んー、普段は上品で大人しい自分ですが、変身して(ヤルときゃヤル)10回程叫んでみたところ、なんと灯油を入れて帰ってきたお爺ちゃんは、平然と元の部屋の中に帰って行くのでありました。ガーン!

 あっ気にとられ、しばらくポケ~ッとしてしまい‥。すると少ししてお爺ちゃんがまた出てきたので、今度は黙って念力を送ってみたところ、や、や、やっとこちらに気が付いてくれたのです。

 と、「お風呂かい~、まだ溜まってないんだぁ~。お客さん来ないから、まんだ沸かしてねぇんだ~。午後の3時くらいに沸くべ~。午後さ、なったらまだ来てけろ~」とおっしゃるのでございます。それがやっぱり耳が遠いようでして、とても大きな声で‥。でも、しっかりとした口調で、とっても元気そうでありました。

 ‥人間、これくらいのペースで行けばいいんですね~。自分は、まだまだです。いつになったら、こちらの仙人のようになれるのでしょうか。修行の鉱泉めぐりは、まだまだ続けねばなりませぬな~。

 泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 - 24.0℃
宿泊は、角田市ホテル一覧

©東北な温泉 2003-17rw