山形の温泉、東屋(ひがしや)旅館


東屋旅館 (白布温泉) Home» 山形の温泉»

〒992-1472 山形県米沢市大字関白布温泉 TEL.0238-55-2011

入浴 11:00~17:00 500円
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯1、露天1)混浴1、家族1
シャンプー、セッケンあり
標高:約850m

 白布温泉(しらぶおんせん)の名物旅館の一つ、「東屋旅館」にやって来ました。白布温泉は東屋、中屋、西屋の3軒の茅葺(かやぶき)屋根が有名で、それは外国人もこぞって訪れる歴史的な建物でした。残念ながら平成12年の火災で東屋と中屋が焼失し、今は西屋のみが茅葺屋根を残しています。
 新しくなった東屋は、木造のちょっと近代的な建物ですが落ち着きのある館内で、まんざら悪くもありません。また、旅館に上る小道の両脇には、湯煙りと共に大量のお湯が流されていて、もったいないくらいでございました。
2002.09
 日帰り入浴時間(11:00~)の5分前にロビーに入ると、そこには既に10人くらいのお客さんが待っているところで、時間になると番頭さんが入浴開始を伝え、みなさんがフロントで料金を払い、ぞろぞろと浴場へと向かいます。

 まずはメインの伝統ある内湯へ。そこは木の塀で囲まれたお風呂で、打たせ湯のような3筋のお湯が、湯量も豊富にバシャバシャと注がれており、それがなんだか、とっても気持ちの良い空間になっているのです。お湯は無色透明でちょっと温泉の匂いがし、肌をこするとちょっとツルツルする、まあ、さっぱり感覚の温泉ですね。

 外にある露天風呂は、真ん中の岩から温泉が溢れ出る趣向の大きな岩風呂。脇のドテの上に女湯の露天風呂があるらしく、そちらからもお湯が流れ落ちて来ていました。(‥女湯の露天風呂はちょっと小さいらしいです。)

 もう1つ石風呂という浴室が2階にあり、こちらはどうも混浴になっているようですね。ちょっくら皆さんとは別行動をとり、このお風呂をのぞきに行くと、こちらも湯量豊富に掛け流された、キレイで気持ち良さそうなお風呂でありました。一人でゆったり入ろうかとも思いましたが、混浴でもあり、オバサマ達が入ってきたら困るので、やめて皆さんの方へ。

 帰りがけに廊下を歩いていると、女湯から一人のオバチャマが全裸で出て来て、バスタオルで前だけ隠して「キャーッ」と騒ぎながらあの石風呂の方に駆けて行くではありませぬか。黙って静かに行けばよいものを騒ぎながら行くもので、つい振り返ってしまい。あ~、また見たくないものを見てしまった‥。

泉質:カルシウム-硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:白布1号、2号、3号泉 56.8℃ pH7.5 カルシウム 280, 硫酸 724, メタケイ酸 103


内湯、露天風呂、石風呂の順
宿泊は、白布温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14