仙台の温泉、スパ泉ケ岳


スパ泉ケ岳(仙台市泉区) Home» 仙台の温泉»
スパ泉ケ岳スパ泉ケ岳
スパ泉ケ岳スパ泉ケ岳
〒981-3100 仙台市泉区福岡上鼬原12-9 TEL.022-376-6111

入浴 10:00~22:00 700円
入浴、食事、休憩(広間+300円)、岩盤浴1700円
木曜日休み
男女別(内湯1、露天風呂1、サウナ)
シャンプー、セッケンあり
標高:約200m

 仙台市民のいこいの山、泉ケ岳の中腹に、割りと最近できた日帰り温泉「スパ泉ヶ岳」にやって来ました。なにしろ仙台市民の気軽な行楽地にあるもので、休日はかなり混雑しています。駐車場から施設への坂を上って行くと、大きなガラス窓のレストランが見え、その右奥に入り口が見えてきました。
2002.08
 中に入ると正面に受付、奥には部屋全体に所狭しと商品が並ぶ、売店が設けられております。あ、その隅に、小さな休憩所もちゃんとあるのです。

 実は今回は二度目の探検でありまして、前回はあまりの混雑に、入浴後すぐ帰ってしまったのを覚えています。しかもひと風呂浴びて1500円(前回の料金)は高いと思い、すこし憤慨しながら家路に就いたのです。今回は料金も普通になり、夕方なのでお客さんもマバラで、ゆったりできて快適でございました。

 ここは山の中で周りに人家が無く、温泉といえば沢山いらっしゃるお爺ちゃん&お婆ちゃんがいないのです。そのせいか、なんとなく都会的なヨソヨソしい雰囲気を感じてしまいますね。

 内湯は、写真で見るより奥行きがあり結構大きく、奥の壁際からジェット水流が噴き出しているので、そこに寄りかかるところが一等地になっているのです。お湯は無色透明で無臭の、ツルツルする肌触りのアルカリ性の温泉であります。

 露天風呂は丸い大きな石造りのお風呂で、気持ちが良いのですが、目の前には背の高い杉林があり、眺めを阻害しているのが残念です。またその林の端から仙台市内がちょっとだけ見えるもので、もう少し見えたらなー、とその欲求を冗長させ、無念の思いでそこを後に致しました。たぶん、女湯からは市内が一望できるのではないかと思います。

泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物泉 等張性アルカリ性温泉 源泉:泉ケ岳温泉 34.5℃ pH8.7 (ナトリウム 1786, カルシウム 1925, ‥) かなり塩素臭あり、よく見たらカルシウムの量が半端じゃない‥

追記)
※2009.4 リニューアルオープン、上記内容に変更があるかも知れません。隣接する宿泊施設やまぼうしのシャトルバスも利用可能に(仙台駅、イズミティ → やまぼうし)
スパ泉ケ岳スパ泉ケ岳
スパ泉ケ岳
宿泊は、仙台近郊ホテル一覧

©東北な温泉 2002-13