ホーム 宮城の温泉

スパッシュランド白石

、突進レポ

スパッシュランドしろいし

スパッシュランドしろいし - 施設の外観スパッシュランドしろいし - プール
スパッシュランドしろいし - 食堂の券売機
〒989-0233 宮城県白石市小原字西川久保18 TEL.0224-29-2326

入浴 600円
入浴、休憩(広間無料)、食事、プール、バーデゾーン
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり

 4月、白石市街から西へ、国道113号線を七ヶ宿に向かった所の小原温泉のすぐ先、山林に囲まれた公共の複合施設、「スパッシュランドしろいし」にやって来ました。で、その広い駐車場から建物に向かい入り口を探すと、なんと、外のタワー型エレベーターで昇った3Fに受付がありまして‥。

 して、受付ロビーの奥の窓をのぞいてみると、眼下の1Fに50mプールが見え、その上の2~3階は吹き抜けに。あと、レストランが3Fと2Fにあり、今日は3Fレストランが団体貸切で、2Fのレストランが一般客用になっておりました。
0704
 で、3Fで受付を済ませ、そのロビーから館内エレベーターで1Fに下りると、受付ロビーからは見えなかったプール脇のウォータースライダーがちらりと見え、それを囲むように丸くカーブする通路の奥に、浴場入り口が見えてきたのです。あと、その脇の少し高くなったオープンスペースが座敷の休憩所になっておりましてね~。

 して、浴場に突入した脱衣後、浴室に入ると、そこにはプールのような大きな岩造りの湯船があり、無色透明で無臭のお湯が注がれておりまして‥。浸かってみると丁度良い温度で、肌触りは中性の感触のさっぱりしたお湯。まあ、そんなに温泉らしくもなく‥。で、奥の岩場まで行ってみれば、岩間から熱いお湯が投入される仕組み‥。で、このお風呂の大きさは、無駄っていえば無駄なんですけど、館内の他の施設の大きさを見れば、このお風呂の大きさも頷けるもの。

 帰りに2Fにあるバーデゾーンをチラッと覗くと、水着を着たオバサマが、お風呂にでも入るかのように浸かっておりまして‥。更に奥の方にも続いているようですが、お金を払っていなくて、中へは入れなく‥(そんな勇気はございませんでした)。

 と、お風呂から上がって分析表を探してみると、どこにも無く。貰ったパンフレットを見ると、温泉表示がしてあった所にシールが貼られ隠されてあって。もしかすると、温泉の規定から外れてしまったのかも知れませんね~。

 泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉
スパッシュランドしろいし - 広間スパッシュランドしろいし - 内湯1
スパッシュランドしろいし - 内湯2

スパッシュランドパークへの吊り橋1スパッシュランドパークの吊り橋2
スパッシュランドパーク内・芝桜1スパッシュランドパーク内・芝桜2
スパッシュランドパーク 駐車場・トイレあり
当時は4月下旬

 外へ出て、施設の裏にある大きなつり橋を渡った先へ。と、そこはこの世の楽園、スパッシュランドパーク。今日は、芝桜が7分咲きぐらいで、また天気が悪く、光が少ないのが残念(カメラマンの嘆き)。

 で、初めての芝桜を堪能しようと、花に鼻を近づけてみると、それは草の匂いと花の匂いが混ざった、何ともいえない香り。いや~、やめておけばよかった‥。根が猫族なもので、匂い嗅ぎは、やめられませぬにゃ~。

 まあ、それもいいですが、だんご屋はどこなんだ~。‥いやしい系の心の叫び!
宿泊は白石のホテル旅館一覧
©東北な温泉 , 18rw , 最終更新日:2019/11/06