仙台の温泉、湯の原ホテル

湯の原ホテル (作並温泉) Home» 仙台の温泉»
〒989-3431 仙台市青葉区作並字元木1 TEL.022-395-2241
平日 11:00~16:00 700円(休日1100円)
入浴、宿泊、食事パック
無休(曜日で利用できるお風呂が違う)
男女別(内湯2、露天風呂1)、貸切露天風呂1
シャンプー、セッケンあり

 作並温泉街に入ってすぐの幹線国道沿いにある中規模の宿、「湯の原ホテル」にやって来ました。この時季の作並の山々は、緑がとても美しく、素晴らしい景色なんですよね~。
 ここには以前、会社の宴会で泊まったことがあり、国道沿いの部屋が車の音でうるさかったのを思い出しました。(どうも私はうるさいのが苦手でして‥、今は改善されているかも‥)
2003.06
 お風呂は1Fと4Fの2箇所にあり、曜日によって入れるお風呂が違う模様です。

 受付を済ませて、まずは1F浴場へ。すると、うわー、なんざましょ、この素晴らしき大理石(*1)のお風呂は‥。うーん、いい感じ、まるでフランスの古城(行ったこと無いけど)にあるような、気品のある優雅なお風呂でございますね~。また、年季の入った大理石のザラザラ感も良い感じ。お湯は湯量は少ないですが掛け流しになっており、無色透明で匂いもない、ツルツルする肌触りのサッパリした温泉です。

 次、4Fの展望風呂&露天風呂へ。こちらは外の青々とした山々を眺めながらの入浴ができ、晴ればれとして、とってもいい気持ちになりました。外の露天風呂は、丸っこい形に造られた岩風呂。んー、こちらの宿はどのお風呂も趣があって、なかなか面白い温泉宿なのです。

 湯上り後、4F休憩所(上の写真)で休んでいると、どこかの家族連れのお客さんが来られて、「痛てててっ、痛てててっ」とマッサージ機と格闘し始めたんですわな~。で、目をつぶって人形のように押し黙っていた自分は、こっそり他人の家をのぞいている感覚に‥。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:佐蔵の湯 43.0℃ pH8.3

ひと風呂浴びた後、1F食堂でお昼を食べました。(外来もOK)
ラーメン600円 まあ旨い
みそラーメン700円 まあ旨い

*1) 後日、宿の方がテレビで話していたところによると、この大理石は猊鼻渓から運んできたものだと。


1F・大理石風呂、4F・露天風呂/展望風呂
宿泊は、作並温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-17rw