ホーム 福島の温泉

玉子湯

、突進レポ

玉子湯

(高湯温泉)
玉子湯 - 施設の駐車場玉子湯 - 施設の外観
玉子湯 - 施設エントランス
〒960-2261 福島県福島市町庭坂字高湯7 TEL.024-591-1171

入浴 500円、広間(休日・先着順)1500円
入浴、休憩(平日有料予約個室)、宿泊
男性(内湯1、湯小屋1、露天1)、女性(内湯1、露天1) シャンプー、セッケンは内湯にあり
標高 約750m

 9月、福島を代表する硫黄泉が湧き出る高湯温泉の老舗旅館、「玉子湯」にやって来ました。福島市中心部から割と近い所にあって、既に観光地化されている感じで、今日もたくさんのお客さんでいっぱいなのです。駐車場も満杯でしたが、やっと一台の空きができ、突撃へ。

 玄関から入ろうとすると、ロビーにたくさんのお客さんが休んでいるのが見え、画像でも分かる通り、中はごった返しのテンテコマイ。とにかく次々とお客さんが来るもので、フロントで「1時間だけですよ」と念を押されながらの突進となりました。こりゃ、断られることもあるかもね~。
0209
 お風呂は内湯と、外の湯(内湯1、露天風呂1)の3カ所。その内湯は玄関のあるロビーと同じ4階にありますが、外の湯へはエレベーターで1階に下りて表に出るかたち。サンダルに履き替えて行けば、目の前に茅葺屋根の湯小屋があり、中は男女別の白濁した硫黄泉の小さな内湯になっておりました(写真1・2段め)。

 そこから左に道が続き、前方にまた茅葺屋根の湯小屋が見えてきて、そこがメインの浴場となっているようなのです(写真3・4段目)。

 さて浴場に入り、簡易脱衣所的な所で服を脱ぎ、露天浴場に出てみれば、うぉー、こりゃいいぞ~。そこにはパンフレットと同様の光景が、夢のようにぱーっと広がっていたのです。お風呂は大きいのと中くらいのと2つの湯船があり、そこに乳白色の硫黄泉がとうとうと注がれ、掛け流され、周りの景色と相まって白濁の温泉がとっても映えて見えるのです。うーん、この景色、感動的ですね~。

 湯船にはお湯が2筋注がれ、片方はちょうど良い温度の硫黄泉、もう一つは只の熱いお湯、そんなふうに思えるものでありました。湯船には硫黄の粒の白い湯ノ花が大量に舞い、ちょっとツルツルする肌触りで、気持ちが良いったら、ありゃしません。いつか泊まろうかな~。

泉質:含硫黄(硫化水素型)・ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性酸性高温泉 源泉:高湯5番 玉子湯外湯 44.5℃ pH2.9 硫酸 613, メタケイ酸 185, 遊離二酸化炭素 686, 遊離硫化水素 118(分析:平成16年) tsubutsubu
玉子湯 - 外にある内湯の湯小屋・外観玉子湯 - 外にある湯小屋の内湯
玉子湯 - 外の湯・露天風呂入口外観玉子湯 - 外の湯・露天風呂
宿泊は高湯温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw , 最終更新日:2019/11/10