東北な温泉
田中温泉、突進レポ

田中温泉

(東鳴子温泉)
施設の外観1施設の外観2
館内の様子脱衣所
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉鷲ノ巣24 TEL.0229-82-2010

入浴、宿泊、湯治
混浴大浴場、女性(内湯1)、家族風呂2
シャンプー・セッケンなし

※2009.07 残念ながら閉館になりました。

 東鳴子温泉のレジェンド、温泉通の間で大変喜ばれている宿「田中温泉」に恐る恐るやって参りました。ここはだいたい湯治が本業のようではありますが、入浴時間や料金からして公衆浴場といっても過言ではない、そんなオープンな施設なのです。

 と、年の瀬も押し迫った晴れた日、今日も湯治や日帰り入浴のお客さんが、たくさん訪れておりましてね~。

 ちなみに、本館は40年前の建物のようで、当時はモダンな建築として人気を博したらしく、今でもその片鱗が垣間見え‥。まあ、内も外もなかなか他所には無い、深い深い味わいを醸し出し、そちら系の人間も呼び寄せそうなんですのよ。
2002.12
 して、何事もなく普通に受付を済ませ、浴場へ。と、こちらには大浴場と婦人風呂と家族風呂2つがあり、とりあえず自然の流れで大浴場へ。その脱衣所では、お爺ちゃんが2人と、お婆ちゃんが1人、服を着ているところ‥。あ! 混浴だったんだー、とそこで初めて気が付いてしまって‥。

 で、浴室には、その広い空間の中心に中庭があり(昔は噴水だったらしい)、それは多角形に囲われた窓の中。して、その周りをぐるっと3/4周ほど沿うように、長い湯船が造られてありまして‥。んで、その端からドボンと入ってみると、湯けむりで湯船の先が見えなく、また奥行きのあるお風呂が、先へ先へと人々の心を導きまするのよ。

 さて、お湯は石油臭を放ち、透き通ってはいますが黒っぽく色付き、肌をこすると少しスベスベする、東鳴子特有のお湯なんですね~。その薄暗がりのお風呂をよ~く見てみると、大量の黒い湯ノ花も舞っておりまするぞ~。うん? このお湯は刺激が強いのか、体のあちこちが痒くなってくるような‥。そうそう、その先にもう一つ別の湯船があり、それは温泉成分で縁がツルツルになっておりまして‥。

 しばらくした後、お湯に浸かってポワ~ンとしていると、薄暗がりの先に、お婆ちゃんと三歳未満くらいのお孫さんが入って来まして、お婆ちゃんが「熱い?」と聞くと「あちっ!」と応える元気な声が、繰り返し何度も聞こえてくるのでございました。‥どうやら反対側に湯治部側の入口があるみたいなんですね~。

泉質:炭酸水素塩泉 低張性高温泉
大浴場1 源泉:田中温泉(土蔵脇) 80.5℃
大浴場2 源泉:田中温泉(堰向かい) 80.5℃ 分析:昭和31年
家族風呂1家族風呂2
大浴場1大浴場2
家族風呂、大浴場の順
宿泊は鳴子温泉ホテル一覧
©東北な温泉 2002-18rw