東北な温泉
ホテル華乃湯、突進レポ

秋保テルメ・ホテル華乃湯

施設の外観1施設の外観2
休憩室館内の様子
〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元字除33-1 TEL.022-397-3141

入浴 900円
入浴、食事、広間、プール、バーデゾーン
男女別(内湯3、露天風呂3、家族風呂1、サウナ)
シャンプー・セッケンあり


※2017年に確認したところ「秋保テルメ」は無くなって普通の温泉ホテルになったもよう。

 秋保温泉「ホテル華の湯」に隣接する別館で、かなり大きな日帰り温泉「秋保テルメ」にやって来ました。玄関はホテルとは別で、右奥に何となくあり、入るとすぐに(美人の)お嬢さんが出迎えてくれ、幾分機械的に館内を説明して下さいます(どうも、繰り返し作業が疲れたみたい)。ところが、せっかくの説明なんですが、全然、何がなんだか分からないほど大きな施設なんでありましてね~。
2002.08
 後で落ち着いて考えてみると「入り口と同じ棟の1階にはお風呂とプールがあり、2階にレストラン、3階には広間(コンベンションホール)がある。入り口は(実は)5階で、その階からは別棟の東館に行け、そちらにもお風呂がある‥」こんな感じでしたかなー、たぶん。

 混雑を避けて夕方に来てみたものの、まだまだ沢山のお客さんでいっぱいなのです(もう宿泊の方もいるのかも~)。でも広間には結構空きがあり、自分の陣地を確保することができましてOK。その広間には、なんと毛布が置いあり、くるまって寝ている人も‥。

 1階お風呂に参りますとメインの露天風呂が最高でして(上の写真2つ)、滝のように注がれる豪快なお風呂に圧倒され、また次第に身も心もとろけて行くよう。それと眼下に流れる名取川の景色も、なんだかいい感じ。えーと、お湯は無色透明で、匂いの無い、サッパリしたもの。あと、脇に小さな内湯があり、これが凄くスベスベする肌触りのお湯で、もしや、これが源泉に近いお湯なのかなーと。

 その他にいろんなお風呂があり、また本館の方にもお風呂があるそうで、プールやバーデゾーンも含めて、かなりの「お湯、お湯、お湯」の施設なのでありました。ここは東北でも稀な、子供から大人まで楽しめる、大規模な温泉浴場だと思います。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 等張性弱アルカリ性高温泉 源泉:華乃湯 78.0℃ pH8.0 130L/Min +共同源泉も使用
川沿い露天風呂1川沿い露天風呂2
別棟東館(5階)の内湯別棟東館(5階)の内湯の奥の露天風呂
2つは川沿い露天風呂、別棟東館(5階)の内湯、その奥の露天風呂の順
宿泊は秋保温泉ホテル一覧
©東北な温泉 2002-17rw