宮城の温泉、山武温泉・文字温泉


さくらの湯(山武温泉・文字温泉) Home» 宮城の温泉»


〒989-5361 宮城県栗原市栗駒文字荒砥沢45-27 TEL.0228-47-2111

入浴 10:00~20:00(休憩10:00~17:00)
入浴 600円、広間付き700円、食事、宿泊
無休
男女別(内湯1) シャンプーなし、セッケンあり
2003年営業開始

※2008.01 露天風呂もでき、また宿泊も可能に
※その後名称が 山武温泉→文字温泉→山武温泉と紆余曲折‥。

 栗駒山のふもと、荒砥沢(あらとざわ)ダムのすぐ下にある日帰り温泉「山武温泉さくらの湯」にやって来ました。ここはまさに山奥の奥という感じのところで、施設へ向かう道中は、本当にこんな奥に温泉ができたの~? と心配になるくらいなんです。して、道の所々にノボリが立ってはいるのですが、私のように道に迷って(あらぬ方向から)来た者には、施設の方角がノボリでは分からず、ただ何となくダムの方向に走ってきたら、偶然にたどり着いたのです。
2003.08
 受付を済ませ、浴場へ。と、そこには白髪で長い髪の仙人みたいなお爺ちゃんが一人、入浴しておられました。「こんにちは~」と挨拶すると世間話が始まり、そのうちに偶然にも道案内の件で意気投合し「なぜ道路に案内看板が無いんだ!」と二人で盛り上がり、頭から湯気を出しながら入浴したのでございます(笑)。

 さて、お湯はツルツルする肌触りの茶色に濁ったもので、辺りは真新しい湯船の木の香りが強く、お湯の匂いが分からないくらい。お風呂は少ない湯量ながらも掛け流しになっていて、結構良いお湯だと思いました。湯上り後、タオルの匂いを嗅いでみると、鉄の匂いも無くさっぱりしていたので、たぶん匂いの無いお湯なんじゃないかな~と。

 んー、こんなに濁ったお湯なのに、単純泉だというのだから驚き。あ、そうそう、女将さんが「温泉は掘ってから3年経たないと落ち着かない」とおっしゃっておりまして‥。まあ、他のお客さんに話していたのを(こっそり)盗み聞きしただけなんですけどね~。

 今日は最近になく暑い日だったせいか、湯上り後は玉のような汗が体中から噴き出してきて大変で‥。あと、帰り道に久しぶりにヘビに出会うと、いつものように驚き、また勝手に縁起が良いと勘違いしながら、気分良く帰ったのですわな~。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性温泉 源泉:山武温泉 53.6℃ pH8.1

宿泊は、栗原市ホテル一覧

©東北な温泉 2003-17rw