福島の温泉、熱塩温泉・下の湯共同浴場


下の湯共同湯(熱塩温泉) Home» 福島の温泉»
〒966-0101 福島県喜多方市熱塩加納町熱塩 TEL.0241-36-3137(熱塩加納村観光課)
入浴 200円(外来者) 9:00~16:00
入浴のみ
定休日 不明
男女ほぼ一緒の内湯2
シャンプー、セッケンなし

 喜多方市の北部、日中ダムの手前の小高い丘の坂道にある、かな~りひなびた熱塩温泉の共同浴場、「下の湯」にやって来ました。そこの温泉街の最奥部に示現寺(じげんじ)という寺があったので、その広場に車を止め、突撃へ。どうも角の叶屋商店(雑貨屋さん)のお婆ちゃんに200円を払うシステムのようで、支払いを済ませると「ゆっくり、おはいんなさい」と何度も告げられながら、隣の(水色の)共同浴場に向かったのでございます。
2004.11
 倉庫のようなアルミ戸から中へ。するとそこには、いきなり脱衣所があり、その流れにうながされるまま服を脱いで何の気なしに浴室に入ろうとすると、おや~?、なんだか2つの戸が‥。んー、どうも男湯と女湯の表示がしてあるみたい。え、今いるここはどこ?。冷静に考えをまとめると、恐ろしいことにここは男女共用の脱衣所だったのですわな~。

 間違って女湯の戸を開けてしまうと(誰も居ないからいいじゃん)、中には一応コンクリートのタイル張りの塀があるものの、男湯と女湯がちゃんと御覧いただける構造ではあ~りませんか。キツネにつままれた気分にて、一応、男湯の戸から入り直してみても、特段変わった様子はない模様。

 さて、タイル張りのお風呂には、少し笹色がかったお湯がとうとうと注がれ、掛け流されております。浸かってみると、カルシウムが大量のためかキシキシする肌触りで、笹色の温泉によくある粘土系の匂いがあるようにも‥。まあいい湯なんですけど、とにかく熱くて(たぶんなめるとショッパイか)、本当に熱塩温泉だなーと苦笑いたすのでありました。

 おそらくですが、これだけ熱いと炭酸水素(や二酸化炭素)がぬけてしまって、あのヌルヌル感が無くなってしまったんじゃないですかな~。ま、カルシウムの多さも反作用しているんでしょうけどね。

 ‥温泉街の旅館の方にも入ってみたかったのですが、結構な料金だったもので、すみません、敗走。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:熱塩温泉 72.0℃ pH7.0 ナトリウム 3916, カルシウム 1053, 塩素 6824, 硫酸 188, 炭酸水素 2098, 遊離二酸化炭素 591 (分析:昭和26年)
宿泊は、喜多方市ホテル一覧

©東北な温泉 2004-16