東北な温泉 山形の温泉

臥龍温泉(がりゅうおんせん)

、突進レポ

臥龍温泉・保養センター

(山形市)
臥龍温泉・保養センター - 施設の外観臥龍温泉・保養センター - 施設入口 〒990-2435 山形県山形市青田5丁目15-6 TEL.023-631-5473

入浴 350円
入浴、休憩(広間は別途料金)
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり

 12月、山形市内の町の中、初めてだと一見してその姿にたじろぎますが、好奇心旺盛な私(とあなた)には突撃せずにはいられない、「臥龍温泉」にやって来ました。

 で、そちらへ参ろうと国道(R13)から折れてはみたものの、裏路地の道に迷いに迷い‥。やっとのことで近付いてみれば、そこはちゃんと住人のいるアパートでございまして(ゴメンナサイ)、そのアパートの一階部分と結合するように、温泉施設が繋がっておりましたのよ。
 
 中に入ってみると、そこはいわゆる昔の銭湯のような雰囲気で、人々の生活感が漂うような日常感いっぱいのスポットなのです。して、そこは町なかの浴場とあって、見渡せばご近所のお爺ちゃん達でいっぱい‥。はい、違和感のある私は怪しまれながら受付を済ませて、ホイホイと浴場へ。

 その薄暗がりの案外狭い浴室にあるお風呂は、中くらいの大きさの木枠の湯船が空間のほとんどを占めており、そこに勢い良くお湯が注がれ、湯船からサワサワとあふれ出しておりました。お湯は無色透明で、肌をこするとかなりスベスベし、湯船内は流れがあって、浸かるととても気持ちが良いのです。うーん、極楽極楽。あとは、源泉自体には匂いが無い模様ですな~。

 この温泉巡りの楽しさには、風景やら、食べ物やら、人々やら、色々あるものですが、この建物には東北屈指の凄みがありましてね~。その上、低層の住宅が立ち並ぶ地域に、ポコンと目だって建つビルなもので、余計に異彩を放っているんですのよ~。目立ちたがり屋なのかなー、もしかして~。

泉質:ナトリウム-硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:近江源泉・輝らりやまのべ源泉 53.4℃ pH8.2 130L/M ナトリウム 1037, 塩素 296, 硫酸 1659, 炭酸水素 293(少し微妙に塩素臭)
※3.11大震災後、新源泉掘削
源泉名:臥龍源泉、泉質:ナトリウム-硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)53.4℃ pH8.2
臥龍温泉・保養センター - 内湯
©東北な温泉 , 17rw