岩手の温泉、しゃくなげの湯っこ


しゃくなげの湯っこ(大船渡) Home» 岩手の温泉»
しゃくなげの湯っこしゃくなげの湯っこ
しゃくなげの湯っこしゃくなげの湯っこ
〒022-0005 岩手県大船渡市日頃市町赤坂西風山1-5 TEL.0192-22-5400

営業時間 10:00~20:00、6-9月(~21:00)
入浴 2時間まで 500円 2時間以上 800円
入浴、広間(無料)、レストラン、直産売り場
第2,4火曜日、元旦、休み
男女別(内湯1、サウナ)
シャンプー、セッケンあり

2000年5月営業開始

 大船渡市内から五葉山の山中に12km程入ると、その中腹、五葉山県立自然公園の中に鷹生ダム(たこうダム)が現れ、そのすぐ上に日帰り温泉の「しゃくなげの湯っこ」がありました。玄関の脇に、なぜか(隣の陸前高田市出身の)村上弘明さんのサインと写真が飾ってあり、ここ(大船渡市)出身の新沼謙治さんは「どうなったんだっけ?」と懐かしく、そして心配気味に思い出してしまうのです。ちなみに千昌夫さんは、隣の陸前高田市出身なのであります。‥まあ、写真を飾るなら、(オトコマエの)村上弘明さんということなんでしょうか。
2004.05
 館内に入ると中はまだ新しく、とても奇麗でようございます。ゲタ箱の鍵を受付に渡すと、それで入退館の時間を管理しているようですね。売店の地元商品に目を引かれながら浴場に向かってみますと、ギザギザ型の一風変ったお風呂が私を待っておりました。

 お湯は、無色透明無臭のさっぱりした温泉で、大量にお湯が投入されていますが、出て行く量はそれよりも少なくなっている半循環のお風呂のようです。pH9.8と聞き知り、喜んで突撃して来たのですが、私の実感ではpH8.0位の感覚で、少しだけスベスベする肌触りの温泉です。カランのお湯もアルカリ性だったので(髪を洗うとわかる)、温泉水を利用しているのだと思います。

 まあ、お風呂も洗い場も程ほどに広く、気持ちよく過せました。熱くなったら外にも(勝手に)出られるので、涼んでいる(日向ぼっこかも)お客さんもおりました。この辺りでは待ちに待った温泉なので、とても貴重な浴場ですね。

 ‥売店で見つけた、きびソフトクリームを食べるのを忘れてしまったのが残念でなりません。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性温泉 源泉:しゃくなげの湯っこ五葉温泉 36.1℃ pH9.8 掘削2000m、222L/M 炭酸水素 45, ラドン 1.57Ci (かなり単純です)
しゃくなげの湯っこしゃくなげの湯っこ
宿泊は、大船渡ホテル一覧

©東北な温泉 2004-13