東北な温泉
日景温泉、突進レポ

日景温泉

(大館市)
日景温泉 - 施設の外観日景温泉 - パンフレットより施設の全景 〒017-0001 秋田県大館市長走37 TEL.0186-51-2011

入浴 500円
入浴、宿泊、湯治
男女別(内湯1)、混浴露天1、別に湯治部内湯
シャンプー・セッケンあり


※2014年 一旦閉鎖、建物改修・新源泉掘削、2017年再開

 秋田と青森の県境の鬱蒼(うっそう)とした森の中にある、とても大きな、そしてレトロな「日景温泉」にやって参りました。そうですね、レトロと言っても色々ありますが、館内を歩いた感覚では昭和レトロのように思います。あと、名物の猫もいるらしいですが、これほど大きな施設ですと、そう簡単には会えないのでしょう。

 受付を済ませて、館内の奥にある浴場へ長い廊下をスタスタ行きますと、途中にある食堂が「えっ」と一瞬目が点になるような景色で、それは骨董品とも思えるほどノスタルジックな風情。いやこれはもう(見るだけの)展示物なのだろうと思っていると、ちゃんと営業もしていて、お客さんも一人、映画の1シーンのように‥。あっけにとられて写真を撮るのを忘れましてね~。
2004.09
 さてと、館内の奥の、そのまた奥にある浴場へ向かいます。と、そこには木造りの広い浴場がとても良くひなびた感と共にあり、その四角い湯船には白濁の硫黄泉が気持ちよく注がれ、掛け流されているのです。浸かってみると、白い湯ノ花などの無い本当にキレイな乳白色のお湯で、大きな木の切り株から、ドドドッと注がれる趣向に。でも、そこにはお爺ちゃんが番人のように陣取って動かず、誰も近づけないのです。

 仕方なく、その脇にある小さな四角い湯船へ向かえば、こちらも白濁していてお風呂の底が見えず、足を突っ込んでみればそれは意表をついて寝湯なのでございました。誰も入っていないので、変だなーと思ったんですが、そういうこと~。

 外に出てみると混浴露天風呂がノッソリと存在(なんかそんなイメージ)。混浴露天風呂は男湯と女湯の間にある中庭みたいなところに造られ、内湯の窓から(たぶん女湯からも)普通に見えるので、ちょっと(いや大分)恥ずかしいのでありました。

泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉 等張性中性温泉 源泉:日景の湯 41.2℃ pH6.4 170L/M ボーリング、動力 ナトリウム 2124, カリウム 322, マグネシウム 138, カルシウム 463, 塩素 4689, 硫化水素 4.9, 炭酸水素 634, メタケイ酸 172, 遊離二酸化炭素 128, 遊離硫化水素 17(分析:平成19年)
日景温泉 - 内湯・女湯日景温泉 - 内湯・男湯
日景温泉 - 混浴露天風呂
女湯、男湯、露天の順
宿泊は大館ホテル一覧
©東北な温泉 2004-17rw