鳴子温泉、いさぜん旅館


いさぜん旅館(東鳴子温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉赤湯11 TEL.0229-83-3448
入浴 500円 10:00~20:00
入浴、宿泊、湯治
無休
男女別(内湯1)、混浴2、女性露天1
シャンプー、セッケンあり

 鳴子御殿湯駅からすぐ、東鳴子温泉の名湯「いさぜん旅館」にやって参りました。主浴場が混浴なのでこれまで敬遠して来ましたが、お客さんが少ないと思われる平日、思い切って突撃することに‥。ところが平日でもお客さんがちゃんと来ており、あれっ‥。蛇足ですが(写真)駐車場に猫がいるんですが、お分かりでしょうか。‥後で察することになったのですが、おそらく’トラ猫’なんだろうと。
2004.05
 受付を済ませて、浴場へ。流れるまま辿り着いたところがメインの混浴浴場でありまして、そこには脱衣所が一つだけあって、入り口が2つという、変な造り。

 ちょうど誰も居なかったので、急いで服を脱ぎ浴室に入ってみますと、一段下がった狭い空間に、真ん中を分厚い塀で仕切られてはいますが、脇はスカスカの「いったい、どういうこと~」のお風呂が2つ。どうもそれは炭酸泉と鉄鉱泉と称する模様。

 炭酸泉の方は四角い湯船で、石油臭とかすかな硫黄臭が混ざり、肌触りがスベスベする、茶色に濁った強力な温泉です。鉄鉱泉の方はひょうたん型の湯船で、強烈なビニール系石油臭のする、ツルンツルンの肌触りの、褐色に濁ったこちらも強烈な温泉です。この鉄鉱泉は、肌触りがなんだか金属のコーティングでもしたかのような感触。勿論どちらも(湯量少な目ですが)掛け流しでございます。はぁ~、なんだか凄いですぞ~、ここは~。

 ノックアウト気味ながら脱衣所に戻り、とりあえずパンツだけをはき、下品ながらそのまま廊下を走って、隣の大浴場へ。すると中にはお爺ちゃんが一人、ポツンとお湯に浸かっているところです。じーっと動かないので少し心配になりましたが、しばらくすると、そろそろと動き出したので安心いたしました。

 お湯は笹色に少しだけ濁り、ほんの少し石油臭がしたような気がします。まあ一般人にはこのくらいが良いかもしれませんね。こちらもスベスベする肌触りの掛け流しのお湯です。

 おや~、そこにある桶と椅子には、トラ模様に阪神タイガースのマークが‥。このレトロな旅館に、なぜだ~。あのお爺ちゃんは、何のマークか知らないだろうからいいけど(たぶん)。‥後でMGに聞くと、中浴場(女湯)の方は脱衣所から風呂の中まで全て阪神グッズで固められ、大変なことになっているそうなんですのよ。

大浴場:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:新井2号泉、新井5号泉、動力揚湯源泉、唐竹沢源泉 74.6℃ pH8.0 ナトリウム 454, 塩素 175, 硫酸 214, 炭酸水素 714, メタケイ酸 198
第2浴室:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:いさぜんの湯3号、赤湯地区共同源泉 57.2℃ pH7.2 ナトリウム 389, 塩素 137, 硫酸 168, 炭酸水素 644, メタケイ酸 286
第1浴室:ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉:いさぜんの湯1号、いさぜんの湯2号 44.1℃ pH6.8 ナトリウム 205, 炭酸水素 532, メタケイ酸 227


いさぜん旅館
3つが混浴、大浴場、洗面の順
宿泊は、東鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2004-14