福島の温泉、赤湯温泉・好山荘


赤湯・好山荘(土湯峠) Home» 福島の温泉»
〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町字鷲倉1 TEL.0242-64-3217
入浴 500円 10:00~15:00
入浴、宿泊、湯治 / 冬季休業
男女別(内湯1、野天1)
シャンプー、セッケン一応あり

(カランは水のみ、お湯はなし)

 土湯峠の奥にある秘湯の一軒宿「赤湯温泉・好山荘」にやって来ました。道中、土湯峠に入った辺りから急に雲の中に入ってしまい、辺りが何も見えなくなって、えっ‥。それでも何とか看板などを見つけながら進み、最後に砂利道を3分程走ると、山荘風の建物がぼんやりと見えてきて一安心に。辺りはまだ雪景色で、赤土が剥き出しの地面がぬたぬた。そんな荒涼とした景色が無邪気な私を待ち構えていたのです。
2004.04
 館内に入ってみると、やはり山荘の雰囲気で、広いロビーがあり(と言っておこう)、奥の方でお爺ちゃんがテレビを見ているようなのです。ふむと、そちらに向って「こんにちは~」と声をかけてみると、何故か反対側の奥から子犬(ミニチュアダックスのような)を抱いた女将さんが出て来て、なぬ!。

(何事も無く)受付を済ませ、内湯のある浴場に行ってみますと、これがすごい。浴室はどこもかしこも茶色に染まっていて、茶色のお湯がザンブザンブと掛け流されているのです。(欧米人風に)ヒューと口笛を吹く思いで、せかされるようにお湯に浸かってみると、足元にザラザラした湯ノ花の塊や、葉っぱ等が絡みついてきて、更に鉄の匂いが鼻を突き、オー、マイゴッド!。

 辺りを見渡すと、まっ茶色のタオルが3本ほど干してあり、案の定、湯上り後に白いタオルで体を拭くと、茶色のまだら模様になってしまいました。ふむ、体の所々に凝固した茶色の湯ノ花がへばりついているのも、特徴的ですね。

 次は旅館を出て、駐車場脇の露天風呂に直行。こちらは、少しアブラ臭と硫黄の匂いがする、青っぽいお湯で、白い砂状の湯ノ花が舞っておりました。写真では分からないかもしれませんが、本当にワイルドな、ものすごい野天風呂なのです。んー、後ろの女湯に行く小道からは男湯が丸見えだし、第一、女湯との境の木の壁には(どうぞ、どうぞとばかりに)節穴が沢山空いているのでございました~。

内湯:単純温泉 低張性中性高温泉 源泉:赤湯の三番の湯 66.0℃ pH6.3 60L/M(自然湧出) 硫酸 425, メタケイ酸 219(平成21年分析)
露天風呂:単純硫黄泉(硫化水素型) 弱酸性低張性高温泉 源泉:赤湯温泉・白湯 49.1℃ pH3.9 17L/M(自然湧出) 遊離硫化水素 9.8(平成16年分析)

上:内湯、下:露天風呂
宿泊は、土湯峠ホテル一覧

©東北な温泉 2004-14