山形の温泉、奥おおえ柳川温泉


奥おおえ柳川温泉(大江町) Home» 山形の温泉»


〒990-1274 山形県西村山郡大江町柳川1502-3 TEL.0237-64-2151

入浴 300円 6:00~21:00(冬季 6:30~)
入浴、広間(+300円) 、宿泊
定休日:第1火曜日
男女別(内湯1、露天1、蒸気浴)飲泉
シャンプー、セッケンあり

冬季は露天風呂なし

 寒河江から西へ、朝日山地に分け入るように行くと、小高い山の中腹にある公営施設、「奥おおえ柳川温泉」にやって来ました。道中は、ほとんどすれ違う車も無かったのですが、施設に着いてみるとたくさんのお客さんが居て(いつものように)驚きで‥。
 おや、玄関脇には飲泉所があり、ポリタンクを抱えたお客さんがお湯を汲みに来ているんですね。見ると、その水が溜まる池は繁殖した藻で緑色になり、なんとも不気味に見えて仕方ないのです。
2004.04
 受付を済ませ浴場へ向かうと、途中に「蒸気浴」という見たことのない看板があり、誘われるがままそちらへ。それは(おそらく)なんのことはないサウナみたい‥。引き返して普通の浴場へ。

 浴場へ入ると、室内の半分を占有するように内湯があり、大きな窓の外に露天風呂も見えています。浸かってみると、無色透明で匂いのない、さっぱりしたもので、肌をこするとスベスベするアルカリ性の温泉です。はい、ちゃんと掛け流しになっていますよ。

 次は外の露天風呂。こちらは温かい温泉に加え、かたわらで桜の花が咲き、春の風がそよぎ、とっても気持ち良くて‥。また見上げれば、巣作りを始めたツバメが電線でひと休み。ポワ~ンとして、何とものどかな空気が流れておりまするね。

 帰り、ロビーで休もうかなーと思うと‥、おや、お爺ちゃんお婆ちゃんが沢山いらっしゃり、座る場所が無いくらい。‥ありゃ、マイクロバスを待っているんですかな。

泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:大江2号源泉 60.0℃ pH8.1 ナトリウム 664, カルシウム 138, 塩素 508, 硫酸 1072

宿泊は、寒河江ホテル一覧

©東北な温泉 2004-14