山形の温泉、寒河江市の市民浴場

寒河江市市民浴場 Home» 山形の温泉»
〒991-0043 山形県寒河江市大字島字島西8 TEL.0237-86-1126
入浴 6:30~21:00 200円
入浴、休憩(広間付+200円)
第2木曜日休み
男女別(内湯1)
シャンプー、セッケンなし


※2008.06 料金が100円→200円に

 寒河江の市街地から少し外れた、最上川沿いのちょっとした丘の上にある市民の憩いの場、「寒河江市・市民浴場」にやって参りました。
 カーナビに「この辺だ!」と教えられたのはよいですがよく分からず(昔のカーナビなので)、道に迷いながら突進して来ると、道路脇の側溝から湯けむりが立ち上っており、お~ここだ、たぶんこっちの方だぞ~と。
 たどり着いた市民浴場は、小ぢんまりとした平屋の建物で、周りを駐車場が囲んでおりまする。で、午前中なのに既にたくさんの車が止まっており、ほぼ満員状態なんですわな~。
2004.02
 中に入ると、受付フロアから廊下から浴場まで、地元のお客さんでごった返していましたが、不思議と、なんか懐かしいような雰囲気なのです。「何だろうこの感じは」と考えてみたところ、どうも田舎のお正月の景色と重ね合わせていたようなのです。まあ、人々がせわしなく動いていた、とでも申しましょうか。

 そのせわしない空気をかき分けて浴場へ。と、浴室にはとっても大きな浴槽があり、そこには大量のお湯が投入され、豪勢に掛け流されているのです。その浴槽は中間で2つに仕切られ、丁度良い温度と熱い温度のお風呂に分けられ、またジャグジーも付いている、とっても気持ちの良いお風呂なのです。お湯は濃い茶褐色に色付き、その色具合にしては意外に匂いの無いものですが、湯量豊富なすばらしき温泉ですね~。

 ここはお湯も良いですが、料金もワンダフル。これで100円、言う事なし。小さな幸せ、感じてしまいますな~。

 駐車場の外れに源泉の冷却装置があったので、観察してみると、お湯をチョロチョロ流して外気に一旦さらし、温度を下げているようでしたよ。

泉質:単純温泉 低張性中性高温泉 源泉:新寒河江温泉 50.6℃ pH6.9 400L/M ナトリウム 181, 塩素 164, 炭酸水素 301, メタケイ酸 120, 遊離二酸化炭素 63

宿泊は、寒河江ホテル一覧

©東北な温泉 2004-17rw