宮城の温泉、南三陸ホテル観洋


南三陸ホテル観洋(志津川) Home» 宮城の温泉»


〒986-0766 宮城県本吉郡南三陸町志津川黒崎99-17 TEL.0226-46-2442

入浴(食事付または館内利用1000円券付) 2100円
11:00~15:00(休前日・休日は14:00まで)
入浴、食事、宿泊 / 無休
男女別(内湯2、露天1、サウナ)
12:30頃までは露天風呂付きの大浴場(2F)は利用不可、4F内湯のみ利用可
シャンプー、セッケンあり

2004.04 温泉運用開始

 志津川湾に面す崖の上、対岸から見るとまるで海の上に建てたような豪華な大ホテル、「南三陸ホテル観洋」にやって来ました。この辺では本当に待ち望んだ天然温泉、やっと掘り当て、今年、運用を始めたのです。(ちょっとお高い)日帰り入浴もOKというので、ワクワク(がっかり)しながらやって来ました。
 広い館内は海側のほとんどがガラス張りのラウンジになっており、どこからでも海を眺めてボーッとできる、夢の島なんですのよ。
2004.08
 玄関フロア(5F)で受付を済ませ、浴場へと突進。お風呂は2Fと4Fにあり、2Fの方にお目当ての露天風呂付大浴場があるようです。それなら「2Fの露天風呂に行くしかないでしょう」とそちらへ。すると、なぜか今日は点検の日とかで、男湯の露天風呂はお湯が空っぽなのです。ガーン。(しかも、ここは入口で券を渡して入るので、1回しか入れません)

 でも、そんなことではくじけないワタクシ。内湯に入り、露天風呂に行って涼み、またそれを繰り返しつつ、ささやかに絶景の景色を楽しんだのです。まあ、内湯といえども大きな窓から志津川湾が一望にでき、とても優雅で、豪快で、何とも言えない開放感を味わえます。また、湾に浮かぶ養殖棚も景色の一つ、人々の海での営みが垣間見える、味わい深い風景なのであります。

 お湯は、たぶん循環加熱だと思いますが、湯船からオーバーフローするようになっていて、清潔感も保たれていました。簡単に申しますと、匂いのない無色透明の、とてもさっぱりした温泉です。まあ、この景色を見たら、泉質がどうのとか言うのは野暮というものですね。

 (ちなみに、女性露天風呂は2つに分かれていて、岩穴に入っているような感じの、うまく演出された露天風呂だったそうです。)

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性アルカリ性低温泉 源泉:南三陸温泉 30.0℃ pH8.7 1265m 46L/m ナトリウム 336, 塩素 576 (なぜか塩素臭なし)

1000円分の利用券を使い、レストランで磯ラーメン(1050円)を食べてみると、前に食べた時よりも磯ラーメンっぽくなっていました。前回はしょうゆ味だったのですが、今回は塩味が効いた、とてもおいしい磯ラーメンに進化。レストランからの眺望も、最高ですな~。


4F内湯、2F内湯、2F露天風呂(空)、露天風景の順


宿泊は、南三陸ホテル一覧

©東北な温泉 2004-14