宮城の温泉、鳴子天鳳

鳴子天神(鳴子温泉) Home» 宮城の温泉»
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元58-10 TEL.0229-83-4582
入浴 700円 営業時間:不明(面目ない)
入浴
、宿泊
無休
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケンあり


※2009.05 本陣横屋→鳴子天鳳→鳴子天神に
※2016.10 高級旅館の「湯元 吉祥」にて営業

 鳴子温泉神社のすぐ上にある高層の観光ホテル、鳴子天鳳にやって来ました。ここは鳴子温泉で一番高い位置にあるので、客室からの眺めが良いのだろうなーと‥。(元は分かりませんが)新しくなったせいか、鳴子では珍しいくらい外壁がきれいで、一見オフィスビルにも見える外観にちょっと驚きました。
 以前は本陣横屋という名前だったのですが、経営者が変わり、鳴子天鳳として再出発です。
2004.11
 受付を済ませ、フロントからエレベーターで上って行くと、6Fに大きな浴場がありました。

 中に入ってみると、天鳳という名前にちなんでか、内湯のお湯の注ぎ口が鳳凰(ほうおう)のような、鳥みたいなオブジェになっているのです。また扇型の湯船は、全面からお湯がオーバーフローしており、流れ出たお湯が1mほど薄い膜のように床面をつたう趣向になっていて、おそらくここで寝湯を楽しむということなんだろうと‥。

 お湯は、無色透明のさっぱりした温泉で、何故か匂いもありません。源泉温度が高いため、お湯の注ぎ口はとても熱く、ヤケドしそうな位でありました。う~ん、湯量豊富な温泉は、やっぱりいいものです。

 (ここは6F)露天風呂は外に出て頑丈な橋を渡って行くと、向い側の崖の上にあるという、かなりの高所に設けられたお風呂です。山の上からお湯が流れ落ちる演出の露天風呂は、笹色に濁り、ちょっと硫黄の匂いがしてきます。そのよどんだ雰囲気と色合いから、一見すると池のようにも。‥ちょっと、もったいないですな。

その1:含硫黄・ナトリウム-硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:山荘1・2号混合泉 100.0℃ pH8.0 ナトリウム 578, 硫酸 1237, 炭酸水素 155, メタケイ酸 155
その2:含硫黄・ナトリウム-硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:ローマ2号泉 100.0℃ pH7.0 ナトリウム 359, 硫酸 936, 炭酸水素 110, メタケイ酸 121


宿泊は、鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2004-16