東北な温泉

白石湯沢温泉・旅館やくせん


白石湯沢温泉・旅館やくせん

Home > 宮城の温泉 >
施設とその周辺施設の外観 〒989-0233 宮城県白石市小原字八幡前19-1 TEL.0224-29-2620
入浴 540円
入浴、休憩(1080円)、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり

 小原温泉から七ヶ宿街道(R113)を西へ向うことしばし、途中から山中に分け入ったところに、一軒だけポツンとある旅館「白石湯沢温泉・旅館やくせん」にたどり着きました。

 仙台から来ると宮城県の南端の地、誰も行かないような山奥にあるイメージ。なので、ボロボロのひなびた旅館を想像しながら来てみると、実物は結構新しくてキレイな旅館でございまして、笑顔で晴れやかに突撃したのでございます。また、駐車場には来館したお客さんの車も多く、マイクロバスが3台程あったりで、繁盛している様子がうかがえましたのよ。
2004.04
 受付を済ませ館内を進んで行くと、辺りは木造りの良い感じのテイストで、なんだか清潔感さえ感じます。おや、飲泉所もあるようですね~。

 さて、浴場へ入場致しますと、そこには大きな窓の下に、日がサンサンと差し込む木枠の大きな湯船があり、透明に輝くお湯がとうとうと注がれていて、眩しいくらい‥。で、お湯は源泉温度が高くないため、ちょうどよい温度に加熱しており、それがなんと、掛け流しにしてあるではありませぬか。こりゃええです。

 浸かってみると、匂いのない無色透明のさっぱりしたもので、硫酸塩泉が多いのが特徴の温泉ですね。湯船の中では時折、白いカス状の湯ノ花も散歩しておりまして‥。その差し込む春の光に惑わされ、ぼーっとしてしまい、肌触りを確かめるのを忘れてしまって‥。そこは天井も高く、すこぶる気持ち良すぎまするのよ~。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性低温泉 源泉:湯沢温泉 33.5℃ pH7.8 ナトリウム 199, カルシウム 172, 硫酸 650(飲泉所あり)
内湯1内湯2
宿泊は白石ホテル一覧
©東北な温泉 2004-18rw