東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
蔵王国際ホテル、突進レポ

蔵王国際ホテル

(蔵王温泉)
蔵王国際ホテル - 施設の外観蔵王国際ホテル - 湯めぐりこけし 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉933 TEL.023-694-2111

入浴 1000円
入浴、宿泊
男女別(内湯2、露天1)
シャンプー・セッケンあり

標高 約900m

 6月、蔵王温泉メイン道路から少し上った静かな所にある、とても大きくて立派な宿、「蔵王国際ホテル」にやって来ました。で、泊まると高そうな、そんな高級感あふれるホテルですが、運良く「湯めぐりこけし1200円」を観光宿泊案内所で見つけ、シール1枚、実質400円で入ることができたんですのよ~。
 
 受付を済ませて、長い廊下を浴場へ。その脱衣所からふと外を眺めると、急な階段のはるか下に、いい雰囲気の露天風呂が2つ。お~、なんだか素晴らしいぞ。

 下りてみると、林に囲まれた広い空間に、なんとも良い感じのお風呂が段々畑状に。石の一つ一つが大きいので、写真だとお風呂の大きさ、迫力が伝わらないのが残念です。(ちなみに女性露天風呂は湯船が1つしかなかったそうです)。はい、その露天風呂に浸かってみますと、注がれるお湯の温度が丁度良い温度で、湯船の方は少しぬるいくらいに。お湯はカス状の湯ノ花がたくさん舞う、青色白濁の硫黄泉ですね。

 ‥今日は天気がよく、またあまりに日当たりがよいので、日光浴なぞも。あとは辺りの林でセミ(エゾハルゼミか?)の大群が鳴いており、かなり賑やかでございました。

 一方内湯の方は熱いお湯が注がれ、湯船ではちょうど良い温度に。お湯は、小粒の白い湯ノ花と小さいカス状の湯ノ花が舞い、アゴまで浸かると、髭剃り後がチクチク痛む、酸性の蔵王温泉が感じられました。

 あっ、それから、上がり湯用と思われる”さら湯の大浴場”も一つありましたよ。‥これも意外と必要なんですよね。硫黄臭は2,3日取れませんからね~。

泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性酸性高温泉 源泉:若松屋源泉、高見屋1号源泉、松金屋源泉、近江屋2号源泉、河原屋源泉 48.3℃ pH1.45 カルシウム 109, アルミニウム 273, 鉄 64, 塩素 696, 硫酸水素 2235, 硫酸 1870, メタケイ酸 251, 遊離二酸化炭素 398, 遊離硫化水素 5.8
蔵王国際ホテル - 露天風呂1蔵王国際ホテル - 露天風呂2
蔵王国際ホテル - 内湯1蔵王国際ホテル - 内湯2
宿泊は蔵王温泉ホテル一覧
©東北な温泉