東北な温泉
あぽん西浜、突進レポ

あぽん西浜

(鳥海温泉保養センター)
あぽん西浜 - 施設の外観1あぽん西浜 - 施設の外観2 〒999-8521 山形県飽海郡遊佐町大字吹浦字西浜2-70 TEL.0234-77-3333

入浴 350円
入浴、休憩(別途料金)、食事、宿泊(隣接施設)
男女別(内湯2、露天1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 山形の北部、日本海に面した秋田との県境付近、十六羅漢像という名所のすぐ南辺りにある日帰り温泉、「あぽん西浜」にやって参りました。

 酒田から国道7号線を北上すると、海沿いの道を感じさせる松林が所々に点在しており、なにか次第にこころウキウキとしてくるのです(内陸や山で育った人間のサガか‥)。で、しばらく行くと、国道から海側に少し下がった所に大きな「遊楽里(ゆらり)」というホテルが見えてきて、その隣の平屋の建物が、今回目指す「あぽん西浜」でありまするよ。と、隣りには食事処、少し先には吹浦海水浴場があり、この辺は小さなリゾート地になっているようなんですね~。
2005.06
 して、券売機で小銭が無く、現金受付をしてもらい、奥の浴場へ。と、浴室には明るく大きな窓に沿うように大きな内湯が設けられ、入口脇のドアの外にも、隠れるように小さな露天風呂が設けられておりました。
 
 で、ちょっと浮かれた気分で浸かってみると、内湯は少し緑色した透明なお湯で、注ぎ口では鉄とビニール系アブラ臭があり、湯船全体では鉄の匂いは消えアブラ臭だけになっているみたい。あとは、肌をこするとツルツルと‥、これは炭酸水素が多いゆえ。あ、そうそう、注ぎ口のお湯がぬるいところをみると、浴槽のどこかで加温しているのでしょう。

 次、露天風呂に出てみると、そのお湯は笹色に濁っており、匂いは内湯と同じですが、かなりヌルヌルするお湯で‥。内湯は一応掛け流しのようですが、露天風呂はハッキリと掛け流しだと分かりました。と、そこから塀の外に見える松林には、ツタがからまり、その葉っぱが青々としていて、なんとも良い景色。ええもんですな~。

 それから内湯に戻り、サマーチェアでお爺ちゃんが昼寝をしているな~と思いつつ、ボーッとしていたところ、サウナから別のお爺ちゃん達がワンサカ出て参りまして、そこら中、お爺ちゃんだらけに‥。私はその軍団の迫力に圧倒され、押し出されるように表へ‥。

 あれはいったい何だったんだ?と、呆気にとられながら駐車場で涼んでいると、どこからともなく一人のお爺ちゃんが軽ワゴンでやって来たのです。見ると、助手席側の車体にとっても大きな擦り傷があり、後ろのバンパーも見事に凹んでいるではありませぬか~。「ありゃ~」と思っていると、イキナリ、そのバンパーを私の方に向けて、バックで突進を始め‥。一瞬の出来事だったので「オォーッ!」と心の中で叫ぶのが精一杯‥。

 気が付くと、その車は突進をやめていて‥、事無きを得。と、「ふぅっ」とため息をついている間に、あれ、その車は駐車するでもなく何処かへ去って行った次第で‥。して、その車の後ろ姿を見てあぜん、お決まりのように、さっきと反対側にも強力な擦り傷がちゃんと付いていて‥。あ~、こわ。こわ、こわ、こわぁ~! 車のタトゥーじゃないよね~。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:西浜源泉 37.8℃ pH7.0 800m掘削 ナトリウム 1438, カルシウム 119, 塩素 2207, 炭酸水素 719, メタケイ酸 141, 遊離二酸化炭素 120(露天:加温 内湯:加温、循環ろ過、消毒)
あぽん西浜 - 内湯1あぽん西浜 - 内湯2
あぽん西浜 - 露天風呂あぽん西浜 - 露天風呂からの眺め
宿泊は遊佐町ホテル一覧
©東北な温泉 2005-18rw
投稿へ

あぽん西浜(鳥海温泉保養センター)


コメント

今日行ってきました。
連休中なので混んでいるのかなと思いましたが、それほどでもありませんでした。
内湯は茶色のお湯であぶら臭がするので、ゆっくり入る気にはなれませんでした。
露天風呂はちょっと小さいのですが、温泉らしいお湯の色だし温度も良かったです。
それから、ジェットバスの泡の吹き出し位置が体のツボに合っていて、とても気持ちよかったです。
ちゃんとした施設の割には料金がリーズナブルなのがとてもいいと思います。
でも、掃除のおばさんが脱衣場に平気(?)で入ってくるのにはちょっと抵抗を感じました。

(投稿者 bB さん / 2007年05月05日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。