山形の温泉、なの花温泉・田田(でんでん)


なの花温泉・田田 (三川町) Home» 山形の温泉»


〒997-1301 山形県東田川郡三川町大字横山字堤172-1 TEL.0235-66-4826

入浴 430円 6:00~22:00
入浴、休憩(200円)、食事、宿泊
無休
定休日:第3水曜日
男女別(内湯2、サウナ1、マイナスイオンルーム1)
シャンプー、セッケンあり

 鶴岡市の北、赤川沿いの旧R7(県道333号)を行きますと、にわかに入母屋造りの大きな建物が連なって現れ、いったいここは何なのよ~と思ってしまう「なの花温泉・田田」にやって来ました。ここはなにやら沢山の施設が集まった大規模な公共複合施設で、その中の一つが温泉浴場になっているようなのです。西側は道を隔てて大きな赤川、その反対側は広々とした田園地帯で、とっても開放感のあるロケーションでありました。ここは北海道じゃないよねぇー(と言ってみたりして‥)。
2005.06
 券売機システムで受付を済ませ中に入ると、囲炉裏風ロビーの奥に待合室、食堂、広間等があり、脇の廊下を進んだ1F奥に大浴場がある構造です。

 さて浴室には内湯が2つあり、まず表側にある大きなお風呂に浸かってみると、それは黄緑色の透き通ったお湯で、肌をこするとツルツルし、ビニール系アブラ臭が少し感じる温泉です。

 奥にある中くらいのお風呂は、なんと原色系の茶色に濁り、かなりビニール系アブラ臭が漂う、ヌルヌルする肌触りの強力な温泉です。お湯の注ぎ口の匂いを嗅ぐと、これが強烈で、ツーンと鼻をつき、思わず鼻をそむけたくなる位なのです。これはすごい‥。匂いと色が世間離れしており、まるで薬湯に浸かっているような感覚。地元の皆さんはこの危険地帯には近づかず、大きなお風呂の方に入っているようですね。んー、そのうちこのお湯が石油に変わるような‥、そんな妄想なんかしてしまうんですのよ。

 後でゆっくりパンフレットを見ると、同じ敷地内にショッピングセンターや、結婚式場、道の駅などがあり‥。が、温泉施設から道の駅まで歩いて行く人はいないほど、広い敷地なんですよね。

泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉 高張性中性高温泉 源泉:町営4号源泉 60.1℃ pH7.5 ナトリウム 10280, カリウム 307, マグネシウム 179, カルシウム 514, 塩素 18010, 臭素 118, 炭酸水素 1055, メタケイ酸 106 (もう一つ、35.3℃の町営3号源泉もありです)


宿泊は、鶴岡ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14