青森の温泉、八甲ラヂウム温泉

八甲ラヂウム温泉(東北町) Home» 青森の温泉»


〒039-2401 青森県東北町大字上野字北谷地39-186 TEL.0176-56-2364

入浴 200円 6:00~22:00
入浴、休憩(有料)、食事、宿泊
定休日:土曜日午前
男女別(内湯1)
シャンプー、セッケンなし

 下北半島の付け根の小川原湖の西側、幹線道路沿いの田んぼの中に、ドライブインと旅館(八甲温泉旅館)も営んでいる、「八甲ラヂウム温泉」にやって来ました。
 館内に入ると無人の受付があり‥、おや!、そこには箱が置いてあるだけなのです。普通ならここで悩むところですが、私のすぐ前に入ったオジサンが既に消えていたので、「はは~ん、勝手に入るんだな~」と察しました。どうも、箱の中に入浴券やお金を入れて、お行儀よく入館する作法になっているようですね。
 ‥駐車場で辺りを見渡すと、すぐ南の米軍三沢基地から飛び立った戦闘機が、デルタ翼を広げて上空を飛び回り‥。下から見上げると黒く見えて、ちょうど、その下を飛んでいるカラスと大きさも形も同じように見えるのでございました。
2005.10
 浴場に入ると、脱衣所と浴室の間がガラス張りで、どちらからもよく見渡せる相互監視メカニズムになっております。それがまた、どちらも狭い空間でして‥。どうやらお客さん達はご近所さんばかりらしく、世間話などで’だべり’ながらの入浴なんですのよ。

 さて、かぎ型の湯船は、壁側の岩からお湯が流れ落ちる仕組みになっており‥、もしかして、その岩が北海道から持ってきたというラジウム鉱物の岩なのでしょうか。お湯は透明ながら赤黒く色付くモール泉的なもので、ヌルヌルする肌触りがあり、また意外と豊富に掛け流されています。岩から落ちる仕組みのせいか、水面の小さな飛沫がゴミのようなアワとなって漂い、ちょっと、これが不気味に感じてしまうのでありました。

 それから、湯船は意外に深く、普通に座ると顔がお湯に浸かってしまうくらいで‥。湯船の縁辺りが段になっているので、そこに肘をついて入るとちょうど良い具合なんですよね。カランのお湯も、少し黒い温泉水でした。

泉質:単純温泉 低張性-高温泉 源泉:八甲温泉 45.0℃ pH- ナトリウム 120, 塩素 124

宿泊は、東北町ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14