山形の温泉、羽根沢温泉・共同浴場


羽根沢温泉・共同浴場 Home» 山形の温泉»


〒999-5205 山形県最上郡鮭川村大字中渡1321 TEL.0233-55-2539

入浴 200円 8:00~18:00(冬季:~17:00)
入浴のみ
無休(午前中掃除日あり)
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケン・カランもなし
トイレは駐車場にあり

 新庄の北西部の鮭川村にある羽根沢温泉、その小さな集落の端っこ、「羽根沢温泉共同浴場」にやって来ました。集落の中ほど、広い駐車場の奥には雪解け水が豪快に流れる小川があり、その脇の多目的集会所の一階に、この浴場がありました。
 入口に料金箱がありますが、これがタダ入れれば良いってもんじゃありません。「まわりから、わかるように、立ち止まって、ゆっくり入れて下さい」という張り紙が、何故か入口ではなくて中の脱衣所に張ってあるのでした。
 p.s.
 その後一ヶ月ぐらいして、この料金箱が盗まれたとニュースで報じられ‥。もしや’あの張り紙が’入口に張ってあれば、きっと盗人も恐れをなして‥。
2005.04
 モヤモヤした心持ちで服を脱ぎ浴室へ。中には小さなコンクリート製のお風呂があり、少なめのお湯ですが、ちゃんと掛け流しになっております。

 浸かってみるとちょうど良い温度で、少し硫黄の香りのする、無色透明のヌルヌルするお湯です。中山平温泉のうなぎ湯に似た感じですが、湯量が少ない分、ちょっぴり鮮度が落ちるかも知れませんね。でも良い湯には変わりありません。‥湯船から出る時、足がヌルヌルして転びそうになるので注意。あと、今日はちょうど良い温度でしたが、夏は熱くて入れない程になるそうで。

 その後、入って一分ほどすると、お爺ちゃんが一人、また一人と、次々にやって来るのです。どうもご近所の常連さんのようで、「おう、今日は遅かったな~」なんて言いながら、ご近所話を始めるのでありました。そのうち小さな湯船は満員状態になり、よそ者の私は、そそくさと退散‥。

 温泉巡りをしていると、普通の人生では訪れない所にまで出かけ‥。こうして鮭川村のお爺ちゃん達の愚痴を聞けるのも、温泉巡りの賜物なんでございます。(‥お爺ちゃん達、家では黙っているんだよね、おそらく)。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:羽根沢源泉 72.0℃ pH8.4 ナトリウム 1204, 塩素 913, 炭酸水素 1636
宿泊は、羽根沢温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14