東北な温泉 山形の温泉

肘折温泉・上の湯

、突進レポ

上の湯(肘折温泉共同浴場)

上の湯共同浴場 - 施設の外観 〒996-0301 山形県最上郡大蔵村肘折温泉 TEL.0233-34-6106
入浴 250円
入浴のみ
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンなし

 9月、肘折温泉の中心部、公民館のような肘折センター内にある共同浴場、「上の湯」にやって来ました。とある日の午後の温泉街、下駄をカランコロンと鳴らしながら行くと、「あ~、湯治場に来たんだな~」と何か心が安らかになり、日頃のことも一時忘れ、爽やかな気持ちになりましてね~。

 ここへ来る前、宿の玄関で下駄を履こうとすると、自宿のものではない、別の宿の名が入った下駄ばかりが置かれてあり‥。「なんじゃー」と思いながらも、とりあえず目の前にあった適当な下駄を突っかけ、出かけたんですわな~。で、浴場への道すがら考えてみると「共同浴場で皆さんが取り違えて帰ってくるのじゃな~」が、一番合理的に思え‥。おそらく、団体さんだと、自分が泊まっている宿の名前なんて覚えていない(知らない)ものだったりするので‥。
0509
 して宿でもらった入浴券で入場すると、そこには浴室めいっぱいの大きな内湯があり、窓際の縁の上に石造りのお地蔵さんが建立されておりまするよ。と、床も湯船も(たぶん)御影石で、湯船の底の青色の石がとっても美しいのです。

 それからお湯に浸かってみると、それはキレイに澄んでおり、色も濁りも匂いも無く、さっぱりサラサラの温泉で‥。肌触りも中性の感触で、あまり特徴は感じられませんが、掛け流しの気持ちの良いお湯なんですのよ~。かたわらには、熱いのとぬるいのと、2本のお湯が注がれておりまして、それで温度調節を。

 と、一緒に入っていたオジサンが親切にも、訊いてもいないのに教えてくれたことには、毎日、夜の終了後にお湯を抜いて掃除し、朝までかかってお湯を溜めるのだと‥。言われてみると、かなり古い浴場ですが、意外と湯船もきれいになっていて、とても気持ちようございました。

 いや、いいもんです。

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉:上の湯1号源泉 50.0℃ pH6.4 ナトリウム 642, 塩素 688, 硫酸 144, 炭酸水素 702, メタケイ酸 160, 二酸化炭素 468

道路)
 肘折温泉へは3本の道があり、よせばいいのに今回は、寒河江から国道458号線を通ってやって来てしまいました。途中、葉山と月山の間を抜ける道は、断崖絶壁を通した細い道で、しかも二十数キロに渡る長い道が続くのです。砂利道ありのクネクネ、すれ違い困難の道で、ほとほとイヤになりました。

 前回は、肘折から最上川沿いの戸沢にぬける道も走りましたが、そちらも、もうイヤです。賢明なみなさんは、新庄ー大蔵からの王道を素直に行きましょう。

追記)
 国道458号線にある十部一峠(じゅうぶいちとうげ)は、一般国道としてはほぼ唯一の未舗装区間で、日本三大酷道にまさる(それよりも後にできた)、すさまじい国道なのですぞよ~。
上の湯共同浴場 - 内湯上の湯共同浴場 - お地蔵さんが建立された湯口
宿泊は肘折温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw