福島の温泉、お食事・温泉処・いやさか


お食事・温泉処・いやさか Home» 福島の温泉»
お食事・温泉処・いやさかお食事・温泉処・いやさか 〒969-0223 福島県西白河郡矢吹町文京町197-1 TEL.0248-44-3233
入浴 11:00~20:00 300円(食事をした人は無料)
入浴、食事
定休日 水曜日
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケン不明

 「お食事・温泉処・いやさか」は、矢吹町のちょっと外れにある、温泉浴場も併設する食事処です。名前から小さな食堂をイメージしていたのですが、来てみると、ちょっと古めですが結構大きな食事処なんです。地元ではかなり人気があるようで、たくさんの人が訪れておりました。また、駐車場が表と裏にあり、更に道路の向いに大駐車場があるところを見ると、団体さんも来るのだと思いますね。
2005.08
 話は前後しますが、昼食後、お風呂へ。温泉は施設奥の渡り廊下の先にあり、お昼時のせいか(暑い夏のせいか)、お客さんは誰もおりませぬ。

 浴室には内湯が2つと、外に露天の湯船があり、どのお風呂も気持ち良いほどの掛け流しになっています。浸かってみると、お湯は無色透明で匂いも無いように感じますが、よくよく確かめると、かすかに石油系の匂いがあり、ちょっぴり黄色にも見える温泉なのです。タイルが黄色なので錯覚かもしれませんが‥。あと、肌をこすると、オイルを塗ったようにヌルヌルしますね。

 ここのお風呂は、お湯の投入量が贅沢すぎる程多く、とてもフレッシュで清潔なお湯になっていました。こりゃ、ほんとサイコー。なんで誰も来ないのかな~、とっても不思議ですね~。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:いやさかの湯 45.0℃ pH9.2 435L/M(動力揚湯) ナトリウム 105, 炭酸水素 131
お食事・温泉処・いやさかお食事・温泉処・いやさか

お食事・温泉処・いやさかお食事・温泉処・いやさか
サラダうどん 850円

 お昼、夏だしサッパリしたものをと思い、「サラダうどん」をば注文。その大きな器に山盛り野菜の「サラダうどん」は、モチモチした手作り風の太いうどんが底にあり、それはスープと共に。そうそう、野菜の他にシイタケ、ちょっと硬めの多分揚げたベーコン、ニンニクのスライス揚げがたくさん(たぶんニンニク2,3個分位)入っていましたのよ。

 んー、こんなに質量共に豪勢な「サラダうどん」は見たことがありません。また付属のプチトマトがかなり大きく、昔、食べたような独特の風味があり、「おっ、これだ、これこれ」とうれしくなり‥。大味ではありますが、結構イケル、サラダうどん。素材は申し分ありませんね~。

 今日は、このニンニクを食べたせいか一日中とても元気で、すこぶる絶好調で活動いたしました。いつもなら帰る頃には死にそうになっているのですが、今日は何事も無かったかのように絶好調で過ごせましてね~。あらためてニンニクパワーのミラクルを実感。

宿泊は、白河ホテル一覧

©東北な温泉 2005-17rw