宮城の温泉、気仙沼ホテル観洋


気仙沼ホテル観洋(気仙沼温泉) Home» 宮城の温泉»


〒988-0021 宮城県気仙沼市港町4-19 TEL.0226-24-1200

入浴 800円 11:00~19:00
入浴、休憩(広間無料)、食事、宿泊
無休
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケンあり

2005.12 温泉運用開始

 気仙沼魚市場から歩いて5分ほどの小高い丘にそびえる、「気仙沼ホテル観洋」にやって来ました。先週開湯したばかりの温泉で、皆さんに先んじたつもりで突進してみたわけです。この辺りでは温泉が珍しく、今日あたりはお客さんでごった返しているかと思って来ると、まだあまり知られていないようで、しーんと静まり返っていました。
 3Fの広々大広間の窓から、市街地と気仙沼港を見渡せば、そりゃもう景色が最高でございまするな~。気仙沼といえば、岸壁に白い船がたくさん停泊しているイメージですが、ここから眺めるとその通りなんですのよ。
2005.12
 さて、1Fにあるお風呂へゴー。おや、そこは意外と広い造りで、脱衣所から少し下りると内湯、そこからまた少し下りると露天風呂という、土地の斜面をいかした配置に‥。

 露天風呂は大きな岩石で囲まれたお風呂で、滝のようにお湯が落とされてシブキをあげ、バシャバシャと豪快な水音を鳴り響かせておりました。そこから立ち昇った湯煙が風に吹かれて舞い上がり、初冬の気仙沼の露天風呂がすさまじい様相へ‥。ですが、これがなかなか心地良く、とってもいい感じ。

 お湯は無色透明で、源泉自体に匂いは無い様子。肌触りは中性の感触ですが、髭剃りあとが今までになくヒリヒリするもので、ちょっと舐めてみると、これが凄く金気味(金属の味)がしているのです。まるで12V乾電池を(+-を同時に)舐めた時のようにビリッと‥。んー、お湯も(人も)見かけによりませぬな~。この温泉も、なかなか面白し。

 えーと、廊下を歩いていたら、食事処に張ってあった「フカヒレラーメン」のポスターが目に入り、どうしたものかとね‥。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 高張性中性低温泉 源泉:気仙沼温泉 29.1℃ pH7.3 129L/M 1800m掘削 ナトリウム 5400, カリウム 118, マグネシウム 537, カルシウム 548, ストロンチウム 51, 塩素 10670, 硫酸 751 (循環ろ過、少し塩素臭あり、源泉はかなり濃く興味深い)


宿泊は、気仙沼ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14