秋田の温泉、強首温泉・樅峰苑


樅峰苑(強首温泉) Home» 秋田の温泉»


〒019-2335 秋田県大仙市強首字強首268 TEL.0187-77-2116

入浴 400円 11:00~16:00
休憩料(入浴料含) 800円 11:00~15:00
入浴、休憩、食事、宿泊
無休
男女別(内湯1)、宿泊者用・貸切り露天風呂1
シャンプーなし、セッケンあり

 雄物川沿いの堤防のすぐ脇の田園地帯にある、歴史的趣きが優雅な大きな木造建築(有形文化財)の、強首温泉・樅峰苑(こわくびおんせん・しょうほうえん)にやって参りました。何も知らないで来ると、一見、大きなお寺にしか見えず、表に吊るしてある提灯等を見ると、今日は法事でも行っているのかな~なんて思ってしまいます。
 ‥ここは代々地主や政治家を務めた小山田家の邸宅だったそうで、中に入っても期待通りの重厚さがあり、玄関ロビーから座敷が4つほど連なっているのが見え、宴などを催したであろう往時の光景が目に浮かぶようでございました。
2005.08
 館内を歩き回ってみたいところですが、入浴料しか払っていないものでそうはいかず、ロビー奥の浴場へと、さっさと向かう次第であります。

 浴場は改装したばかりなのか、まだ新しくてきれいで、母屋全体の雰囲気からはちょっとかけ離れた様子なのです。脱衣所から浴室に入ると、ぷわーんと石油系(ビニール臭)の香りが漂ってきて、見ると木枠の湯船に黄色い粘土のように濁るお湯が満たされ、それが強い温泉のオーラを放っているのです。浸かってみると、やはり濃い浴感のお湯で、肌触りが少しツルツルしています。湯量は少ないですが、掛け流しになっており、なかなか気持ちの良いお湯ですね。‥窓の外には雄物川の堤防が、すぐ目の前に見えていました。

 夏のせいか、お客さんがいないのが不思議です。こんな(温泉ツウの間では)有名な温泉でも、夏はお客さんが少ないのですね。帰り、売店にあったニンジンの「いぶりがっこ」に、心(お金)を奪われそうになり‥。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 高張性中性高温泉 源泉:強首3号 53.2℃ pH中性 ナトリウム 3172, カルシウム 467, 塩素 5657, 炭酸水素 447, 遊離二酸化炭素 487 (源泉から遠いのか、加温あり)

※前は3キロ離れた所から引き湯していましたが、2008年敷地内をボーリングして新源泉を掘り当てた模様。現在は湯量豊富な新源泉を使用。前と色が同じなので同系のお湯かも。離れに大きな丸い樽のような露天風呂も新設したみたいですよ。

宿泊は、強首温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14