山形の温泉、櫛引温泉・ゆ~TOWN

ゆ~TOWN(櫛引温泉) Home» 山形の温泉»


〒997-0342 山形県鶴岡市三千刈字清和159 TEL.0235-57-4313

入浴 430円 9:00~21:30
(2階浴場およびサウナ:13:00~21:30)
入浴、休憩(210円)、食事
定休日:第3火曜日
男女別(内湯2、サウナ1)
シャンプー、セッケンあり


※櫛引町は2005.10に鶴岡に合併

 雪の残る月山を回るように峠越えの国道112号線を来ると、次第に庄内平野の平坦な道が現れ、そんな矢先の櫛引町にある「ゆ~TOWN・櫛引温泉」へ、なんとかやって来ました。道中、幹線国道から、この温泉の案内看板が見つけられず、やけになって温泉の匂いがする(ような気がする)脇道に入ってみたところ、ここへの小さな看板を見つけたのです。
 施設は町外れの赤川の脇、総合運動場等と共にあり、辺りは田園と果樹園に囲まれ、のんびりとした風景なんですよね。入口脇には24Hの源泉スタンド(100L/100円)もあり~。中に入ると、売店のある丸い吹き抜けホール、その奥にはレストランと広間が続いておりました。
2005.06
 受付を済ませ1F浴場へ。そこには大きなお風呂があり、なみなみと茶色のお湯が注がれ、まさに’とうとう’と掛け流されている素晴らしい温泉が‥。窓際の岩からは豊富にお湯が注がれ、更にジャグジーがお湯を攪拌(かくはん)し、流れのある活き活きとしたお風呂になっているのです。注ぎ口のお湯は、とっても鉄の匂いがしますが、湯船では匂いはなく、肌を軽くこすると滑らかで、強くこするとグリップする、炭酸水素の多い温泉ですね。うーん、こりゃいいです。

 ふと気が付くと浴室の隅にドアがあり、なんだか階段が続いています。誘われるように階段を上ると、2Fの浴場に行けるようになっていました。2Fにはサウナ等と、源泉から鉄分を取り除いたという無色透明のお風呂があり、何故か知りませんが1Fのお風呂より、2Fの方にたくさんのお客さんがいるではありませぬか。んー。

 再び1F浴場に戻ってみると、大きなペットボトルを2本持ったオジサンが来ていまして、浴場の隅にある飲泉所の水を詰めているのであります。見ると井戸水と表示されてあり、飲んでみるとこれがおいしいのです。こりゃ、最高ざましょ。もう、ここから出られませんね。

泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:櫛引町営源泉 52.6℃ pH6.8 1300m掘削 ナトリウム 3098, カルシウム 108, 塩素 2806, 硫酸 2546, 炭酸水素 990 (もう一枚、ちょっと薄い櫛引源泉2号もあり)


宿泊は、鶴岡ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14