東北な温泉
仙山荘/かたくりの宿、突進レポ

仙山荘/かたくりの宿

(作並温泉)
仙山荘/かたくりの宿 - 施設の外観仙山荘/かたくりの宿 - 施設裏側の外観 〒989-3431 仙台市青葉区作並字元木2 TEL.022-395-2041

入浴 700円(土日祝900円)
入浴、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり


※2006年 かたくりの宿として、リニューアル。従来の内湯が少し広くなって、露天風呂もできたもよう。

 作並温泉の車がビュンビュン行き交う国道(R48)沿いにある、ちょっぴり年季が入った旅館「仙山荘」にやって参りました。中に入り、ロビーから裏の中庭を眺めるとプールがあり、その庭を囲むように建物が造られ、それらは昔の賑わいが伺え知れる洋奢(ようしゃ)な佇まいなのです。

 以前(休日)に2度ほど来て、2度とも「お湯を溜めている最中で‥」と断られ(実はかなりガッカリ)、さすがに学習したであろう、このわたくし、今日は電話にて確かめてからの突進となりましたのよ。
 
 さて、館内に入るとロビーが一段高い床になっており、靴のまま上がってよいものかと一瞬悩みましたが、どうも靴のままでOKのよう。して、ロビーにはお決まりのお土産コーナーがちゃんとあり、業者の方が品物の整理をしているところでありました。

 それから受付を済ませ、浴場に向ってみると、男湯の入口が何故か2つあり、でも中の脱衣所は一つになっているのです。もしかして、昔は混浴だったのでしょうか。

 で、お風呂は中くらいの大きさのひょうたん型の湯船で、注ぎ口からは申し訳程度にお湯が注がれているだけですが、浴槽の中からはお湯が勢いよく噴き出しております。作並では珍しい程の見て分かる掛け流しで、湯船からオーバーフローする水音が、サヤサヤと響き渡っていました。

 お湯は無色透明で、匂いなしのサッパリしたもの。分析表の弱アルカリの性質があまり感じられず、それがちょっと気になるところ。まあ普通に考えたら、加水があるのかも~と。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:佐蔵の湯 44.0℃ pH8.2 ナトリウム 149, 硫酸 332
仙山荘/かたくりの宿 - 内湯1仙山荘/かたくりの宿 - 内湯2
宿泊は作並温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw