宮城の温泉、しんとろの湯

しんとろの湯(中山平温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6832 宮城県大崎市鳴子温泉星沼18-9 TEL.0229-87-1126
入浴 420円 9:00~21:30
入浴、休憩
無休
男女別(内湯1)
シャンプーなし、セッケンあり

 中山平温泉にオープンした待望の日帰り温泉施設、中山平温泉交流館「しんとろの湯」にやって来ました。この施設は、国道47号線沿いにあり、大きな駐車場が付いていて出入りも楽チンです。隣にはゲートボール場があり、目の前に食事処(主にラーメン)も2軒できていました。(‥結局しばらくして、左側の一軒のみになったようです。)
2005.06
 温泉施設は、外観でそうは見えないのですが、平屋の建物で、入って左側に廊下の延長のような休憩室があり、たくさんのお客さんが寝転がっていました。たぶん、朝一で席が決まってしまうのでしょう。

 ふーんと思いながら、何気なく廊下の紺色の暖簾をくぐると、後ろからマネージャーに引っ張られたので、何かな~と思うと、そこは女湯でございます。いつものことですけど、またやってしまいました。よく見ると、男湯も女湯も暖簾はどちらも紺色で、文字で女湯と書いてあるだけなのです。休憩室の皆さんが見ていたので、かなり恥ずかしかったのですが、とぼけた顔して、ちゃんと男湯に入って行きましたで候(そうろう)。

 浴場にはちょっと広めの脱衣所があり、ガラス戸越しに見える浴室には、ちょっと大きめのお風呂がお湯をたたえ、その窓の外にお湯を引いている真新しい木枠が見えています。お湯は、ほんの少し白く色付いた透明なもので、硫黄の匂いがし、肌をこするとヌルヌルする、まさしく「うなぎ湯」そのものです。湯量は少ないのですが、ちゃんと掛け流しになっていて、とても気持ち良く浸かれました。反面、風情があまりないところが、ちょっと残念ですかね。

 今日の外気温は30℃を超えていましたが、やっぱりお風呂に入ると気持ち良く、さっぱりします。夏でも温泉は良いものですね。‥硫黄は「あせも」にも効くんですよ。

 外の引き湯用の木枠は、簡単にいうと直角三角形のようになっていて、遠回りするルートと近道するルートに分かれ、気温等によってルートを変え湯温を調整する、手動システムになっているようでした。今日は暑いので、遠回りの方です。

泉質:含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:星沼源泉No.1 新コミュニティー源泉 混合泉 93.0℃ pH9.4 27.7L/M 掘削自噴 ナトリウム 211, 硫化水素 14.4, 炭酸水素 105, メタケイ酸 493 (2005年建設、総事業費5000万円)

宿泊は、中山平温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2005-13