宮城の温泉、ゆぷと


ゆぷと(東松島市) Home» 宮城の温泉・県北»
ゆぷとゆぷと 〒981-0503 宮城県東松島市矢本字河戸342-2 TEL.0225-84-3855
入浴 800円 10:00~22:00(土日祝は~21:00)
入浴、休憩(無料)、和風と洋風のレストランが隣接
定休日:木曜日
男女別(内湯1、露天風呂1、サウナ1)
シャンプー、セッケンあり

2005オープン、公設民営

 矢本駅前にある東松島市健康増進センター内に設けられた、地域待望の温泉浴場、「ゆぷと」にやって参りました。建物は1Fが駐車場とレストランで、2Fに受付とプール・浴場などがある、とっても大きな複合施設なのです。
 なにやら音がするな~と空を見上げれば、近くにある自衛隊松島基地のブルーインパルスが轟音と共に白い煙を吐きながら空を飛び回り、曲芸飛行の練習をしているところでした。なかなか通常では見られない光景で、圧巻でございますね~。
2005.04
 さて、2Fフロントで受付を済ませ、ロッカーキーをもらって浴場へ。そこは脱衣所がプールと共用になっており、今は春休みなので子供達がワンサカと来ているのです。おやおや、さすがは子供達、濡れたって汚したって全然気になど留めませぬな~。床はかな~りベタベタになっていて、自分のロッカーに辿り着く前に靴下がびしょぬれに‥、あ~ぁ~。係りの人が来て、何度も拭いてはいるようですが、イタチごっこで、どうにもなりませんでしてね~。

 で、逃げるように浴室へ。そこにはまあまあの大きさの四角い内湯があり、窓の外にも同じような形の露天風呂が見えました。内湯の壁際からは冷たい源泉がチョボチョボと投入されているのですが、それに反して湯船のお湯はほど良い温度。また驚くことに、かなりの量のお湯がオーバーフローしているのです。これはオーバーフローしたお湯を循環濾過し、加熱しているんですね、きっと。んー、プールシステムがなせるワザなんでしょうね~。

 えー、お湯は青白く濁り、(民間施設では控えておりましたが公共施設なので遠慮無く言わせてもらいますと)思いっきりプールの匂いがするのです。源泉自体にも匂いがあるようですが、塩素臭が強くて何がなんだか分らなく、そしてまたpH9.0の威力も感じられなくて‥。まあ、文句ばっかり言っても仕方ありません。せっかくの温泉なんだから、楽しもうではありませぬか。

 湯上り後、にわかに冒険心が湧き起こり、脱衣所からシャワー室を通り抜けてプールをのぞいてみると、そこには子供たちが水浴び(泳ぐではない)をしている姿が。自分は’小さな’タオルを腰に巻いただけの、その景色に不釣合いの変な人。(勘違いされて騒ぎになる前に)こそこそと撤退致したんですのよ。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性低温泉 源泉:矢本温泉 27.2℃ pH9.0 ナトリウム 122, 炭酸水素 172, メタケイ酸 111
ゆぷとゆぷと
ゆぷとゆぷと
宿泊は、東松島ホテル一覧

©東北な温泉 2005-17rw