東北な温泉 蔵王温泉

岡崎屋旅館/名湯舎 創

、突進レポ

岡崎屋旅館

(蔵王温泉)
岡崎屋旅館/名湯舎 創 - 施設の外観岡崎屋旅館/名湯舎 創 - 館内 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉48 TEL.023-694-9222

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯、露天1)
シャンプー・セッケンあり


※2016.12 リニューアルして「名湯舎 創」に。

 10月、蔵王大露天風呂へ上る細い坂道の途中にある、蔵王温泉の中では中規模の宿、「岡崎屋旅館」にやって来ました。と、あや~、傾斜のある坂道と水平な宿の庭が変な具合いに~、と写真では見えてしまいますね~。はい、今日の坂道は大露天風呂へ向う他県ナンバーの車や、徒歩で行く人々がチラホラと通り、んー、少しだけ賑わっておりました。

 して、中に入ってみるとフロントは2Fにある構造のようで、また、特徴のある色合いの絨毯が全体を包み込むように華やかに‥。
0510
 その暖色景色のほんわかムードのなか、受付を済ませ浴場へ。と、その先のエレベーターで1Fに下り、長い廊下を進んだ先の別棟に、男女別の浴場が設けられてありました。

 で、浴場には、室内いっぱいに造られた大きな内湯があり、そこではどこかのオジサンが一人、入浴中。その先、窓の外の中庭風な所には、岩をくりぬいた小さな露天風呂があり、一見、「え! 入れるの?」と思ってしまう佇まい‥。まあ誰もいない今のうちにと突進し、勇気を出して足1本を捧げてそうろう。うむ? あたたかい。とりあえず全身入浴してみようっと。‥これ、ただのディスプレーじゃないよね~、と後で不安になったりして~。

 さて、内湯に戻ってドボン。んと、オジサンもいなくなっておりますぞ~。こちらは小さいつぶつぶの湯ノ花が舞い、硫黄臭のする、キレイな乳白色のお湯。そして肌を軽くこすると酸性なのに何故かスベスベする、蔵王温泉ならではの不思議な肌触り。これがまた全面オーバーフローになっており、湯量も豊富で、鮮度抜群のとっても良いお湯なんです。蔵王の中でも、お勧めのお風呂ですね~。

 ふと見ると、注ぎ口にはべっとりと白い湯ノ花がこびり付いており、指で軽く押してみると指の跡が付いてしまい‥。せっかくキレイにくっ付いていたのに、いや、ごめんなすって。でも、おそらくこの勢いだと、そのうちに元に戻るものと。‥言い訳は、よろしくない。

泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性酸性高温泉 源泉:岡崎屋源泉 47.6℃ pH1.4 アルミニウム 226, 鉄 65, 塩素 683, 硫酸水素 2375, 硫酸 1763, メタケイ酸 228, メタ亜ヒ酸 240, 遊離二酸化炭素 586, 遊離硫化水素 5.6(分析:平成元年)
岡崎屋旅館/名湯舎 創 - 内湯1岡崎屋旅館/名湯舎 創 - 内湯2
岡崎屋旅館/名湯舎 創 - 露天風呂
宿泊は蔵王温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw