東北な温泉 岩手の温泉

新山根温泉べっぴんの湯

、突進レポ

新山根温泉べっぴんの湯

(久慈市)
新山根温泉べっぴんの湯 - 施設の外観新山根温泉べっぴんの湯 - 施設のエントランス
新山根温泉べっぴんの湯 - 館内新山根温泉べっぴんの湯 - 客室
〒028-8521 岩手県久慈市山根町下戸鎖4-5-1 TEL.0194-57-2222

入浴 400円
入浴、休憩(別途料金)、食事、宿泊
男女別(内湯2、露天1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 7月、久慈市街から西の北上山地へ分け入ることしばし、海が見えるという案内看板を掲げた滝ダムを越え、更に険しい山々のふところ深く入り込んだ先の、小さな集落へ。ふう、やっとその集落の外れにある新しくてキレイな施設、「べっぴんの湯」に到着致しました。

 するとどうでしょう、どこからどうやって来たのか、沢山のお客さんで賑わっているんですわな~、これが‥。
0607(宿泊)
 さて、部屋にて荷をほどき、浴場へ。で、館内にはメインの大浴場と、宿泊棟の一角にある小浴場の2つのお風呂があり、とりあえず最初に小浴場の方へ。すると、そこにある三角形の中くらいの大きさの湯船には、オジサンが一人、入浴中。はい、ご苦労さんで~す。

 して、お湯は無色透明で、硫黄泉ということですが、まったく硫黄の気配が感じられなく‥。また期待していたpH10.5の威力は、わたくし的には8.5ぐらいの感覚かな~と。んー、加水が多くて、このようになっているのでしょうか。でもまあ半掛け流しのような具合で、なかなか気持ち良くは浸かれましたけど~。

 次、気を取り直して大浴場に向ってみますと、なんと洗い場にめったりとお客さんが張り付いており‥、んー、団体さんか~?、戦意喪失、翌朝の入浴へと。

 で、翌早朝に突進してみますれば、その浴場はやたらと広くて開放感がありまして、その内湯は真ん中で仕切られ片側がジャグジーに。あと、完全放流式ではないと思われますが、加温にしてはかなりの量でお湯がオーバーフローしておりましたのよ~。それから、外にある丸い露天風呂は、一人だけで入りたいくらいの大きさで、ちょっと味気ない造りですけど、まあまあ‥。

泉質:単純硫黄冷鉱泉 低張性アルカリ性冷鉱泉 源泉:新山根温泉(べっぴんの湯)17.8℃ pH10.5 192L/M 硫化水素 2.5

p.s.
 木造の建物は(当時は)まだ新しく、どこもかしこもピカピカで‥。して客室は10畳の広い部屋で気持ちは良いのですが、隣の部屋との壁が薄いのか、大きな床の間にテレビがある構造がいけないのか、単なる隣の人のテレビの音量が高いのか、それがかなりうるさく感じましてね~。昔、自分が東京のボロアパートに住んでいた時のことを思い出し、懐かしい気もいたしましたけど‥。

 それから、食堂での夕食は写真以外に、天ぷらと温かいそば付き。小さく見える岩魚なんですが、これがおいしゅうございましてね~。
新山根温泉べっぴんの湯 - 宿泊棟の小浴場新山根温泉べっぴんの湯 - 大浴場・内湯
新山根温泉べっぴんの湯 - 大浴場・露天風呂新山根温泉べっぴんの湯 - 夕食
宿泊は久慈市ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw