鳴子温泉、赤這(あかばい)温泉


赤這温泉・阿部旅館(東鳴子温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉赤這125-1 TEL.0229-83-2053
入浴 300円 9:00~18:00
入浴、宿泊、湯治
無休
内湯2つを(今は)男・女・貸し切りへ自在に変更可
シャンプー、セッケンなし

 東鳴子の川向こうにひっそりと建つ、どう見ても一般民家にしか見えない「赤這温泉・阿部旅館」へやって参りました。いちおう建物の脇に「阿部旅館」の看板があるので、かろうじて旅館かな~と分かり、でも飛込みでは絶対に入らない、そんな雰囲気なのです。
 車で庭に入って行くと、奥の方でおじいちゃんが野良仕事をしており、また駐車場も庭の奥に設けられておりましたぞよ。
2006.04
 中に入り大声で「こんにちは~」と何度か呼びかけてみると、そのうち、おばあちゃんが’のそり’と出て来て、受付完了。その後、教えられるでもなく何となく奥の方に進み、何となくあった戸を開けてみると、案の定、そこが浴場なのです。

 よくよく見渡すと、奥にもう一つの戸があり、覗いてみるとそこも浴場。男湯や女湯の表示もなく、貸切りの札だけが置いてあるので、どちらも貸切り運用なのでしょうか。‥え、あのおばあちゃんに、そんな煩わしいこと、聞けませんです。

 元へ、最初にある浴場は白濁した硫黄泉で、湯量も豊富に注がれ掛け流されており、白い湯ノ花が舞い、湯面には油膜が浮く、強力な温泉でございます。浸かってみると、硫黄臭に包まれ、肌をこするとスベスベしていました。

 奥にある浴場は、最初のとはぜんぜん違う笹色に濁ったお湯で、こちらも湯量豊富で更に気持ちの良いお湯なんです。うぉ、こちらは少しだけ鉄の匂いと硫黄の匂いがありますね。あと肌触りがキシキシするところをみると、酸性のお湯なのではないでしょうか。

 いや、ここは素晴らしいです。こんな温泉が人知れず東鳴子にあったなんて、信じられません(‥当時は殆ど知られずにいたもの)。この名湯は、もっと多くの皆さんに入ってもらいたいですね。

その1:含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型) 低張性中性高温泉 源泉:赤這温泉3号 68.0℃ pH6.6 ナトリウム 359, 塩素 107, 硫化水素 2.5, 硫酸 194, 炭酸水素 879, メタケイ酸 497, 遊離二酸化炭素 208
その2:単純温泉 低張性弱酸性高温泉 源泉:赤這温泉2号 44.2℃ pH5.8 ナトリウム 139, 炭酸水素 470, メタケイ酸 139, 遊離二酸化炭素 545

宿泊は、東鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2006-14