東北な温泉 福島の温泉

早戸温泉

、突進レポ

早戸温泉・つるの湯

(三島町)
早戸温泉・つるの湯 - 只見川と橋早戸温泉・つるの湯 - 只見川
早戸温泉・つるの湯 - 施設の外観早戸温泉・つるの湯 - 只見川と施設
〒969-7406 福島県大沼郡三島町大字早戸字湯ノ平888 TEL.0241-52-3324

入浴 2H:500円、1日:1000円(町民割引あり)
入浴、休憩(無料)、食事、宿泊湯治
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンなし

 12月、会津の地を行き、只見川沿いを走る国道(R252)を川の流れに逆らって西へ遡ると、もう一山越えれば新潟県の所にある、「早戸温泉・つるの湯」にやって来ました。で、途中、川面に浮かぶ屋形船が見えるな~と思ったら、それは「つるの湯」のものらしく、それからすぐにこちらへ到着致しましてね~。

 と、駐車場から「入り口」と思しき所へ入ってみると、そこはなんとエレベーターの中で、それは3Fの入口から1Fへと下りていく仕組みに‥。で、エレベーターは普通、乗った入り口に出て行くものですが、そこでは回れ右せずそのまま進行方向に出る感じで、あれ~。

 で、少し目が回ったように混乱しながら受付に向うと、なんだかそこには遊覧船の看板ばかり‥。なので思わず、「温泉って、あるんですよねぇ~」と尋ねてしまいましたのよ~。
0612
 さて、券売機システムにて受付を済ませ、とりあえず館内を散策。と、そこは1Fと2Fに無料広間があり、皆さんがそれぞれくつろいでいるご様子。

 それから浴場に向ってみると、浴室には大きくて長い四角い湯船があり、そこには茶色に濁ったお湯が満々と‥。それと、湯船の脇に一旦お湯を貯めるところがあり、そこで少し冷ました後、湯船に投入する仕組み‥。してお湯は、ちょっぴり粘土系の香りがあり、ツルツルする肌触りの、気持ち良い温泉。また、湯船ではそうでもないですが、注ぎ口では鉄の匂いがプンプンとしておりました。

 次、内湯からドアを開けて通路を少し下って行くと、そこには隠れ家のような小さな露天風呂あり。で、こちらは源泉をそのままを投入し、鮮度バツグンの熱い湯のかけ流し状態‥。また景色も良好で、川風がとっても気持ち良いのです。

 それで、露天風呂に浸かってしばらく経ち、そろそろ上がろうとしていると、どこからとも無く屋形船がスーッとお出ましになり、自分、上がるに上がれなくなりましてね~。‥で、その湯上り後、女湯に入っていたマネージャーが「船がいなくなるまで、ユデダコになりながら浸かり続けたぞ~」と熱く訴え、憤慨しているもようで。

 んと、お昼だったので、ここの小さな食堂でラーメンを食べることに‥。これがあの一般的にいう喜多方ラーメンにも似た、甘い感じの和風しょうゆ味の、平打ちぢれ麺の案外おいしいラーメンでございまして‥。これは、会津ラーメンというのでしょうかね~。すき~。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:早戸温泉源泉 53.5℃ pH6.9 189L/M 動力 ナトリウム 1551, カリウム 103, カルシウム 218, 塩素 2097, 硫酸 626, 炭酸水素 907, メタケイ酸 196(飲泉可)
早戸温泉・つるの湯 - 内湯早戸温泉・つるの湯 - 露天風呂と只見川

早戸温泉・つるの湯 - 施設の食堂・ラーメン
宿泊は奥会津ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw