東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
ぽっぽの湯、突進レポ

ぽっぽの湯

(長沼温泉)
ぽっぽの湯 - 国道47号線沿いの新緑の山々1ぽっぽの湯 - 国道47号線沿いの新緑の山々2
ぽっぽの湯 - 施設の外観ぽっぽの湯 - 施設周辺の景色
〒999-7621 山形県鶴岡市長沼字宮前266-1 TEL.0235-64-4126

入浴 430円
入浴、休憩(有料広間、有料個室)、食事
男女別(内湯2、露天風呂1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 5月、鶴岡から北へ数キロ、田園地帯の中にポツンとある小さな住宅街のその外れ、ちょっとシャレた建物の「長沼温泉ぽっぽの湯」にやって来ました。ここは公営の温泉施設で、地場産品売場も併設され、広いロビーに沢山並べられたソファーには大勢のお客さんが休んでいるところで‥。

 道中、新庄から西へ、最上川沿いに国道47号線を日本海へ下ると、辺りには人を寄せ付けない原生林の山々が現れ、モッコリとした原生の杉と若々しい新緑とのコントラストがとても見事。思わず目を奪われますな~。そこから庄内平野まで下ると、やっとこちらにたどり着いた次第‥。
 
 受付を済ませ、奥の浴場へ。浴室にはジャグジー付で少し緑色した単純泉の、大きな三角形の湯船があり、その脇には何だか濃い感じの小さな湯船も設けられております。はい、やはり沢山のお客さんが入浴しておりますな~。

 まあ普通に大きい方の湯船に浸かってみると、それは(鉄系ではない)赤茶色に濁ったお湯で、ビニール系のクレゾール臭のような匂いがしています。うーん、これでも既に強力~。脇の小さな湯船の濃い方のお湯は、2つの源泉を混ぜ、布でこしたもの。こちらは匂いも濃く、肌触りがベトベトするような肌と肌がへばり付くような、今までに感じた事のない更に強力なお湯でありました。あと、外にある露天風呂の方も濃いお湯。で、分析表を見ると塩分が濃いのですね。

 ひと通り浸かった後、ポケーッと休んでいると、どこかのお爺ちゃんがやって参りまして「薬湯はどれだ?」と訊いてくるのです。「えっ」と固まっていると、どこかのオジサンが「あっちだぁ~!」と内湯の小さな湯船の方を指差してくれました。そうかぁ、布でこしているのが薬湯に見えるんですね、きっと。

 浴後、いつものように水分を補給し、いつもの時間にトイレに行ってみると、それが、いつもと違っているのです。明らかに水分不足の症状が‥(出たものが黄色でした)。自分では何も感じなかったのですが、体の中では異変あり。高張性の温泉に加え、露天風呂での日光浴も効いたのだと思われますな~。

 帰りはクレゾール臭が体に染み付いていて大変。普通の場所で、そんな匂いの人に出会ったら、他人はいったい‥。

その1>泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉 高張性弱アルカリ性高温泉 源泉:長沼2号源泉 70.4℃ pH8.0 ナトリウム7517 , カルシウム 213 , 塩素 12600
その2>泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性低温泉 源泉:長沼3号源泉 32.2℃ pH8.0 炭酸水素 133
ぽっぽの湯 - 内湯ぽっぽの湯 - 露天風呂
宿泊は鶴岡ホテル一覧
©東北な温泉