蔵王温泉、ヴァルトベルク


ホテルヴァルトベルク (蔵王温泉) Home» 蔵王温泉»


〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉清水坂889-1 TEL.023-694-9300

入浴 11:00~14:00 1000円(タオル付)
(湯めぐりこけしだとシール1枚400円分で、タオルなし)
入浴、宿泊
不定期休み
男女別(内湯1、露天1、野天1)、有料貸切1
シャンプー、セッケンあり

 蔵王温泉メインストリート中程から、細い坂道を少し上ったところにある、とても静かで大きなホテル、「ヴァルトベルク」にやって来ました。町外れの観光案内所で「湯めぐりこけし」を買い、そのパンフレットを見ると日帰りが2時までで、今は3時‥。(最近は慣れてきて図々しくなった自分)、ダメもとで突撃してみたら、平日でお客さんがいないせいか入浴OK~!。
 ここは雪深いためか2Fがフロント。階段を上り普通にそれらしい受付に向かうと、えっ、そこは喫茶のカウンター。で、ホテルのフロントはその裏というか奥にある布陣に。そうなんです、その喫茶の受付の方が、私が近づくと逃げるようにするもので変だなーと思っていたら、そういうことだったのですね。たぶん何回も間違われて、きっと、もう嫌と‥。
2006.09
 奥に行きホテルフロントにて受付を済ませ、浴場へ。そこから3F浴場に向かうと、途中の廊下から見える中庭がきれいで、その手入れされた水の流れる石造りの庭が、とてもようございます。

 硫黄臭が立ち込める浴場には、中くらいの大きさの内湯があり、見事な色合いの青白色の硫黄泉が掛け流しになっていました。浸かってみると、白い湯ノ花が舞う、とても気持ちの良いお湯。やはり硫黄泉は温泉の中の王様ですな~。外の木立ちに囲まれた露天風呂は、内湯よりも強く白色に濁ったお湯になっておりましたね。

 もう一つ、自慢の野天風呂は、一旦外に出て駐車場入口下から少し山中に分け入った所にある浴場です。駐車場から砂利道を歩いて行くと、木立の中にせせらぎとともにあり、かなりワイルドな造りになっていました。この時季は虫との闘いでもあり、親切にもキンチョールが置いてありまして‥。お風呂は中くらいの大きさの岩風呂で、お湯はホテルの露天風呂と同じ感じかなーと。

 はい、このホテルの中で一番良いと感じるお湯は、やはり鮮度の良い内湯だと。あと、家に帰って気付いたのですが、腕にあった赤くはれた虫刺され後が、すーっと引いたようになっており、蔵王温泉の威力をあらためて思い知らされた次第。さすが、蔵王温泉は特別ですね~。

泉質:含鉄・硫黄-硫酸塩・塩化物泉 低張性酸性高温泉 源泉:湯左之沢1号・2号混合源泉 53.6℃ pH1.5 鉄 31, 塩素 405, 硫酸水素 1173, 硫酸 1101, メタケイ酸 198, 遊離二酸化炭素 707, 遊離硫化水素 18.5 (蔵王温泉の中では、他とはちょっと違った泉質です)


宿泊は、蔵王温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2006-14