東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
東屋(あずまや)旅館、突進レポ

東屋旅館

(あつみ温泉)
東屋旅館 - 夕方の日本海東屋旅館 - 施設周辺
東屋旅館 - 施設の外観東屋旅館 - 温泉街を流れる温海川
東屋旅館 - 客室内
〒999-7204 山形県鶴岡市湯温海甲171 TEL.0235-43-2345

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯1)、貸切風呂1
シャンプー・セッケンあり

 11月、あつみ温泉の温海川沿いの一角にひっそりと建つ、「東屋旅館」にやって来ました。見れば、温海川の勢いの凄いこと。思いのほか流れが豪快なんですよね~。そうそう、今日はあつみ温泉全体が混んでおりまして、やっとのことで宿(ここ)を見つけたんですのよ。

 道中の夕方の日本海、国道7号線を南下して来ますと、何ともいえない夕焼けの海空が目に映り、それは一瞬、気が遠くなってしまうほどに‥。んー、よござんすね~。
(宿泊)
 年季の入った館内は良い具合いにひなびており、また廊下などはよく磨きあげられ、ピカピカに黒光りしております。通された部屋は広く、昔からの襖や障子も良い感じ(宿泊した部屋は川に面した、たぶん一番良い部屋)。案内してくれた若女将と思しき方が明るい応対で、以前、由良のおばあちゃんが話していた「‥での~」の方言を(おそらく)サービスで連発して下さっているようでした。

 部屋にて荷をほどき、浴場へ。と、お風呂は1F奥にあり、男湯の方は明かりが一つしかなく、ちょっと夜は暗い気が‥(女湯の方は明かり2つで大丈夫)。おや、どうもボイラーがどこかと連動しているようで、カランのお湯が熱くなったりぬるくなったりしていますな~。

 お風呂は中くらいの大きさの湯船で、底の方からお湯が噴き出し、少しだけ掛け流しになっていました。お湯は無色透明で匂いは無く、中性の肌触りで、茶色のワタのような湯ノ花も舞っております。また気を利かせて柚子が数個、浮かべられ、初冬の風情を醸し出しておりました。

 はい、夕食は地元の鼠ヶ関漁港で獲れたという海産物がメインですが、全体的にはバラエティに富んだ内容です。ゴマ豆腐、サケのスパイス焼き、赤カブ、白カブとゆずの甘酢和え、そしてイカがおいしいですね。あとはハタハタの味噌焼きが珍し。そうですね、自分にはちょうどよい、腹八分目の健康的な食事でございました。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:5号、6号、7号源泉 63.5℃ pH7.3 ナトリウム 586, カルシウム 224, 塩素 893, 硫酸 424(平成10年12月分析)
東屋旅館 - 内湯
東屋旅館 - 夕食
宿泊はあつみ温泉ホテル一覧
©東北な温泉