東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
えびすや旅館、突進レポ

えびすや旅館

(月山志津温泉)
えびすや旅館 - 月山の隣にある姥ケ岳と施設えびすや旅館 - 施設の外観 〒990-0734 山形県西村山郡西川町志津2 TEL.0237-75-2021

入浴 500円
入浴、食事、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり

 11月、月山のふもと、とは言ってもかなり山中に入った所の、月山志津温泉の入口にある宿、「えびすや旅館」にやって来ました。んーと、何となくその名前に惹かれましてね~。

 館内に入ると、受付に出て来た娘さんが驚いたような目で私を見るもので、あわてて「あっ、えーと、お風呂入れますか?」と尋ね‥。と、それが何事も無く、快く受け入れてくださいまして‥。で、その後にバトンタッチして案内してくれた(母と思しき)女将さんの目もくっきりと大きかったので、さきほどの娘さんの目もただ大きいだけで、驚いたのではなかったのだと‥。今はオフシーズンなのか、お風呂は男湯のみ沸かしているそう。

 晩秋のよく晴れた日、道路奥の正面には月山の隣にある姥ケ岳が雄大に、またきれいに見え、とても良い感じなんですのよ。今日は道の先が工事中で、行ってみる気が失せてしまいましてね~。
 
 2Fにある浴場へ、トントンと‥。して、湯けむりで少しモヤのかかる浴室には、中くらいの大きさの湯船が設けられ、真ん中の円柱からお湯があふれ出る演出に‥。と、湯船の縁から、かなり低い位置にお湯が張られておりますが、それはもうここでは仕方ないのです。

 お湯に浸かってみると、それは無色透明で匂いの無いきれいなもので、肌をこすると炭酸水素が多い特徴でヌルヌルする感触。して、湯上り後も体の熱が冷めず、寒い冬にうってつけ、温まりの塩化物泉なんですぞ~。まあ、循環加熱加水ですが、誰も来ないこともありお湯がきれいで、まあまあマンザラでもありません。

 ここは、登山やスキーのお客さんには持ってこいの所にある温泉宿。いや、静かに過ごしたい人にも打ってつけかも~。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:志津2号源泉 42.4℃ pH7.6 ナトリウム 1862, カリウム 106, マグネシウム 178, カルシウム 145, 塩素 3420, 炭酸水素 686(平成10年6月分析)加水加温あり
えびすや旅館 - 館内えびすや旅館 - 内湯
宿泊は月山志津温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw