東北な温泉 秋田の温泉

たつみ寛洋ホテル

、突進レポ

たつみ寛洋ホテル

(象潟)
たつみ寛洋ホテル - 施設の外観たつみ寛洋ホテル - 客室窓から見える鳥海山 〒018-0115 秋田県にかほ市象潟町字後田116-5 TEL.0184-32-5555

宿泊のみ
食事、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり

 7月、象潟町の町の中、大きなTDK象潟工場のすぐ西にある宿、「たつみ寛洋ホテル」にやって来ました。チェックイン後、部屋の窓から外を眺めると、秋田県民の心の山、鳥海山が真正面に見え、また眼下に広がる夕方の街並みがおだやかで、なんだか”ほんわか”とした気持ちになってくるのです。
(宿泊)
 館内には浴場が2つあり、光明石の人工温泉と、象潟の共同源泉(天然温泉)のお風呂とに。宿に着いて、真っ先に浴場に直行してみると、あれ、男湯が人工温泉に‥。で、ふてくされて風呂に入らず、缶ビールを買って部屋でグビグビッと。夜8時に男女入れ替えということで、くだを巻きながら待つことに致しました。

 夜8時ちょっと前、少しフライング気味に浴場へ突進。と、その内湯の湯船には、気の毒なくらいの湯量でポタポタとお湯が注がれ、オーバーフロー寸前でとどまり、浴場内にはそのポタポタの音だけが妙に鳴り響いているのです。おや、よく見るとポタポタの奥に壁を伝うように、お湯が少ないながらも注がれているではありませぬか。な~んだ、まとめて樋などから流せば、もうちょっと豊富に見えるんでしょうけど。

 お湯は、ほんの少し茶色がかった色で、なめるとしょっぱく、肌触りが炭酸水素の威力でツルツルすべる温泉なのです。まあ、源泉自体はマンザラでもないものだとは思いますが。匂い? 忘れたみたいです。

泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉 高張性弱アルカリ性低温泉 源泉:象潟温泉 30.3℃ pH7.7 ナトリウム 7920, カリウム 398, カルシウム 152, 塩素 12710, 炭酸水素 1093, メタホウ酸 319, 遊離二酸化炭素 388(平成9年4月分析)(放流、循環、加温)

(お手頃会食コースの)1F食堂での夕食は、この時季はカキのフルコースみたいな料理で。なかでも岩ガキ(生)の大きいこと。こんな大きなカキは見たことなし。それからカキ釜飯にカキフライ‥。あ、そうそう、地元で上がった魚だけを使っているみたいですよ。
たつみ寛洋ホテル - 内湯1たつみ寛洋ホテル - 内湯2

たつみ寛洋ホテル - 夕食
©東北な温泉