東北な温泉 青森の温泉

ゆ~さ浅虫・はだか湯

、突進レポ

ゆ~さ浅虫・はだか湯

(浅虫温泉)
ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 浅虫温泉全景ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 施設の外観
ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 館内・休憩所ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 施設から見える湯ノ島
〒039-3501 青森県青森市大字浅虫字蛍谷341-19 TEL.017-737-5151

入浴 350円
入浴、レストラン、売店
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンなし

 9月、青森市街から青森湾沿いを走る国道4号線を東へ。と、わりと近かった浅虫温泉の町の中程にある施設、道の駅浅虫温泉「ゆ~さ浅虫・はだか湯」にやって来ました。

 で、館内に入ると、1Fのお土産や地場産品売場に眼(まなこ)が引っかかり、買おうか買うまいか迷いながら一周した後、「あれ、温泉どこだっけ」と我に返り、5Fの浴場へ。して、エレベーターで最上階に上ってみると、そこにはソファーの休憩所が設けられてあり、その窓の外には青森湾が涼しげに広がっておりましてね~。
0709
 それから券売機システムで受付を済ませ、浴場へ。と、浴室には中くらいの大きさの内湯があり、それは熱めとぬるめの2槽の湯船に分かれておりまして‥。そしてやっぱり、窓の外には青森湾の絵が‥。

 で、ふと見るとTatooのオジサンが一人、気持ち良さそうに鼻歌を響かせながら入浴しているところ。そこへワタクシ、臆することもなくお湯にザブンと浸かったのはよいですが、さざ波を立ててしまって‥。するとオジサンは若干トーンを下げつつも、演歌の道をまた歩み続けるのでございました。

 さて、ここのお風呂は循環濾過加熱ながら、お湯をサヤサヤとオーバーフローさせており、案外気持ち良くて‥。それからお湯は無色透明でほとんど匂いの無いさっぱりしたもので、分析表ではアルカリ性の表示ですが、加水が多いのか、中性の肌触りになっているよう。

 まあでも、こんな眺めの良い浴場で、掛け流しのキレイなお湯なら、これ以上、何も言うことはありませんことよ~。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:浅虫温泉配湯泉 59.8℃ pH8.45 ナトリウム 170, カルシウム 136, 塩素 145, 硫酸 475(平成17年3月分析)(加水・循環・ろ過・加熱+源泉)
ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 内湯と窓からの景色ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 内湯

ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 隣接する別棟の産直売場・リンゴ1ゆ~さ浅虫・はだか湯 - 隣接する別棟の産直売場・リンゴ2
ゆ~さ市場(産地直売施設)

 帰りに隣接する別棟の産直売場に立ち寄ってみれば、そのリンゴの安いこと~。木箱1つ2300円。か、か、買いたいです。ホント、マズで‥。

2日後、帰路の途中「道の駅・浪岡」で買いました。

 早稲品種のサンつがる、6個300円、そして次のを見たら7個200円。しか~も、大きな立派なリンゴなのです。とても信じられましぇん。キズありの表示ですが、むいて食べてみると、ほとんどキズなんて無いようなものでしたよん。

 すんげぇ。リンゴはネットではなく、現地で買うのがサイコーですな~。

「道の駅・浪岡」で買ったリンゴ
宿泊は浅虫温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw